2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末に「出来る限り長く病院に置いて欲しい」とお願いしてあったのですが、最近のよしおさんは日替わりで「退院したい」と「病院にいたい」を繰り返しています。入院当初は家に帰りたかったものの、直に病院がいいの一点張りとなり、その後、交互に希望が変わるという状態になったことを思うと、一時期より体調の良い時が増えているのだろうとは考えられます。

それで、思わず、昨日、看護師さん経由で、「退院のことについては先生のご判断に任せたい」「施設入所は申し込むつもりでいるけれど、当面は在宅でやっていく」と言ってしまいました。

すると、今日病院を訪ねると、よしおさんが、「先生が退院してもいいから、家族と相談しなさい」と言わした(おっしゃった)と言うのです。う~~む、そうか、急性期は過ぎて、治療は終わりましたということだと思うのです。超速球できてしまいました。

残念ながら入院する前の状態には戻れていませんので、在宅でやっていくには無理があります。今朝はまずはじめにケアマネさんに区分変更をお願いしました。ついで入れて欲しい施設をリストアップして、申し込みの手はずを順次整えつつあるところです。

どこでもいいから入れる施設を探そうというのは止めようと思っています。みつこさんの時に経験しましたが、無理やり入れた施設は結局何倍かたいへんなことになって戻ってきます。本人も家族も心身ともにたいへんです。

ここなら入れてもらいたいと思える施設を選んで、えてしてそういうところは待機が多く、なかなか入れませんが、後はなんとか在宅でやれる方法を考えようと思います。

在宅でやっていく方法、、、考えていて思いついたのが、訪問看護さんです。今入院中の病院の訪看さんに入って頂けば、よしおさんがきっと言うだろう「胸が苦しい」が出た時に、先生の指示がもらえます。何もなしで退院してしまえば、定期受診までの不調はどうしようもなくなってしまいます。それは余りにも恐ろしい。。。

後は自費が出ても介護サービスも存分に使う。ショートをできるかぎり使う。それしかないかな。後は当たって砕けろ。8日(土)に主治医と相談します。


今日のなんくるカード
---------------------------
チャンプルー

なんでも と しなくても
プッと笑って ンルン生きよう
混ぜて 混ざって 新たな始まり。


   *チャンプルー:混ぜ合わせること
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
パンドラさん
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
パンドラさんはご存じかも知れませんが、親だけ世帯分離をして、以下のように住民税非課税世帯になるようなら、すぐ手続きをとったほうが良いと思います。
みなさんに知ってほしくて書き込みさせていただきます。
以下本文です。

よしおさんは当然一人世帯ですよね。
介護保険で要介護1~5の場合、(特別)障害者控除の対象になります。介護保険証を持って役所で手続きをすると、控除の証明書がもらえます。
(身体障害者の場合は、それだけで控除の対象になりますので、もう利用していたらすいませんでした。)
その控除を使用して
1、よしおさんの年金から障害者控除などの控除を利用すると住民税非課税世帯になる場合、
介護保険の利用料が、多くのサービスで割引される(グループホームは対象外のようです。私の知っている限りでは、自己負担が10%から5%になる場合でした。すなわち半額です。ただこれは自治体により対象と、減額の幅が違いますので、役所やケアマネに確認してください。
医療保険の自己負担も、負担率10%の後期高齢者の場合、外来の上限が12,000円から8,000円になります。入院も負担の上限が下がります。
それ以外に、介護保険料や健康保険料も下がるようです。
2、住民税非課税世帯にならない場合
よしおさんを扶養家族にしている方の、所得控除として(特別)障害者控除が使えます。よしおさんの所得控除にするか、扶養者の所得控除にするかは、節税額となどを考慮して、一番有利な方法で障害者控除を利用する。
以上の方法で、要介護1~5(一部の自治体では2~5のようです)の方は、確定申告を検討してください。
所得税がかからない所得A万円より、住民税が課税さえれないB万円のほうが、はるかに少ないです。所得税非課税の場合、住んでいる自治体で申告すればよいです。申告すれば住民税非課税世態の場合でも、申告しないと、B万円以下であることが証明されないので、住民税が課税されます。
このような制度になっていますが、自分で動かないと役所では教えてもくれません。
【*hokehoke先生へ】
hokehoke先生、旧年中はたいへんお世話になりました。こちらこそ今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

よしおさんは世帯分離しておりまして、非課税世帯の申請をしていますので、ショート、施設使用などは割引になっております。紙おむつの補助もありますし、医療保険は後期高齢者で医療費負担0、入院中の食費も補助を受けており、たいへん助かっています。初回ショート利用時などにケアマネさんが教えて下さいますので、申請漏れとかはないと思いますけれど、ご存じない方は是非申請されることを私からもおすすめします。

この投稿は後ほど保存版の方へコピーさせて頂きます。ありがとうございました。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。