2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

毎日病院へは通っていますが、特に私がすることはありません。

今日は訪ねていくと、外出用のブルゾンを着て寝ています。
どうしたの?」と問うと、「夜寒かったけど、呼んでも誰も来てくれんもん」と答えていました。そう言えば昨日はエアコンが23度になっていて、「あれっ」と思ったのでした。
今日はと見ると、27度になっています。きっと寒いと言ったので看護師さんが設定を上げて下さったのでしょう。一応ブルゾンを脱がせて、肩にはおるタイプの保温ケープをはおらせてきました。
毛布の持ち込みはOKとのことなので、明日は毛布を持っていこうと思います。

お正月には一度家に帰ろうか?」と水を向けてみましたが、色良い返事はありません。「まあ、ええわ。ここが安心だもん。」「先生がすぐ来てくれるもん。」ということです。

食事は相変わらずですが、昨日は副食が2割いけていました。あと、昨日持ち込んだ6個入り干し柿が5個食べてありました。牛乳とエンシュアリキッド2缶は飲んでいるようです。点滴もしていますし、カロリー的には摂れているようです。

今日は何だか元気があり、元気よく起き上がり、髭をそる間じっと起きていましたし、はっきり大きな声で受け答えもできました。

90歳を過ぎるまで、自力で歩き、自分の身の回りのことも自分ででき、新聞を読んで、テレビを見て、CDを聴き、デイで遊び、好きなように過ごして、そして体調が落ちたら、安心できる病院の個室のベッドでごろごろして、特に苦痛もなく過ごしている・・・こんな幸せなことってないのじゃないだろうか。そんな風に思えました。


今日のなんくるカード
---------------------------
与える

与えることは 受け取ること
与えることは 包まれること
宇宙は いつも 見守っている。
関連記事
スポンサーサイト

【うちもです…】
パンドラさん、ご無沙汰しております。
私の母も、12/1に風邪の症状で受診しました。8日の再診時、CTを撮った結果、肺に6cmの腫瘍が見つかり9日に国立病院を紹介されました。元々、堪能にも小さなポリープがあり肝臓の状態が異常で入院治療が必要だったんですが、紹介先で受けた生検結果がでるまで紹介元に入院しています。母は何でも加齢のせいにし楽観的な素人判断をするところがあったので入院させて正解でした!少しずつ食欲も出てきて元気になってはいますが、大人しくさせる為に「体の中に爆弾が入ってるよ」と言うと、不安になって主治医に何度も聞いたそうです。少々、脅かしすぎました。f^_^;然し、油断大敵な状態で、悪性の確率が高いと聞いておりますので、次の治療計画に沿って戦闘準備中です。精神的に明るくさせたくて、私が選んだピンクの可愛いパジャマを着せており、母も病院では、音楽を聞いたり、日記を付けたり、雑誌を読んだりテレビを楽しみ、リラックスしてくれている様ですが暇を持て余しているみたいです。内の母、小さくて可愛いんで、絶対に長生きさせます!私も洗濯物を取りに行き、リクエストの差し入れを届けますが、二日置き位で病院に行こうと思っています。長期
【携帯からです。続き】
すみません。携帯からなので途中で切れてました。母の入院は長期化すると覚悟しておりますので倹約中です。よしお様は、お正月は外泊できそうですか?母は病院で、お正月を迎えますのでミニおせちと御守りを届けようと思います。病院では、清拭もしてくれますし、私も何もする事はありません。食事の用意もしてくれますので安心です。母は寂しがり屋なのに強がるので「可愛くないな~」と言いながら、抱き締めてから帰宅します。病院は健常者が行くだけでも雰囲気で重苦しくなると感じるのは私だけでしょうか。
健康が一番ですね!パンドラさんも、お体には気を付けて下さいね!
【*ayumiさんへ】
お母様が入院されているのですね。ご心配ですね。
コメントからお母様への愛情があふれていて、心揺さぶられます。
大切なお母様ですものね、できるだけのことをしてさしあげてくださいね。

私もみつこさんに頬ずりしていた日々を想います。
その一瞬一瞬が貴重な時間だったと思います。

よしおさんは時々本人の感じる不調があるようで、お正月も一時的にも病院を出るのはイヤなようなので、私たちが病院で少しゆっくり過ごせばいいと思っています。

こうなると、本人の望むように過ごすことが一番いいのだろうと思います。

ayumiさんもお仕事なさりながらの介護、看護なので、どうぞご自身の体調にもお気をつけて、お元気でお過ごしになられますように。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking