2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしおさん、元気になっていて、呼びかけると反応は素早くなり良いのですが・・・主食0が続いています。何で?という感じです。「ご飯が食べたないんだわぁ~」と顔をしかめますが・・どうなっているのかよくわかりません。

夕方5時に先生の説明がありました。「風邪から脱水になり腎機能が悪化して食欲がない」という状態だと説明がありました。点滴を5日ほど続けているし、どうして食欲が戻らないのかわからない~というお返事でした。「病院のご飯が口に合わない?」と逆に聞かれてしまいました。

他には特に悪いところはないそうです。本人は何故か「牛乳が飲みたい」と言うばかりです。何故か牛乳に凝ってしまっています。「何でもいいから食べれそうなものを家から差し入れて、『食べないと点滴が外せない、外せないと家には帰れない』と家族からも強調して自力で食べることを勧めてください。でないと、お歳から考えても寝付いてしまう可能性はあります。」と言われました。

要するに、風邪も治まっているし、あまり病院にいる意味がないようです。腎機能は夏の脱水の時と同じくらいに悪くなっているようですが、すると、2週間くらいで快復すると考えて良さそうです。

肛門出血については、バイアスピリンの服用で出血傾向が強まっていることはあるから、すっきりと治まらないのかもしれない、貧血もボーダーラインくらいで傾向としてはあるということです。癌の可能性についてお聞きすると、予想通りの答えが返りました。「このお年で辛い検査をして癌をみつけて、どうするの?」みつこさんのことを言おうかと思ったのですが止めておきました。先生のおっしゃることはごもっともです。超怖がりのよしおさんに大腸の精密検査などして良いことは何もありません。みつけなくとも、症状が出たら、それがその時と思えばよいのは確かです。

一応、入院中に痔を診てもらうことにしました。これくらいなら大丈夫でしょう。痔が悪ければ薬を出してもらっておけばそれはそれで良いと思います。

皮膚の掻き毟りは入院してから目立ちません。やはり家の寒くて乾燥している環境が悪かったのだと思います。それとお風呂の後の保湿が足りなかったせいだろうか。いずれにしても治まっていて良かったです。


今日のなんくるカード
---------------------------
ゆだねる

波に 浮かんで プーカプカ
力を抜いて ゆだねると
不安が スーッと 消えてゆく。
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
こんにちは
毎日お疲れ様です。
以前、認知症の母のことでコメント欄に愚痴を書き込ませて頂きました。
その母も先月亡くなり、心にぽっかり穴が空いた状態です。
まだ父の介護があるので、呆けてはいられませんが。
よしおさんの症状は、私の母とよく似ているので心配ですね。
おなかが膨らんでいたりしないでしょうか?
パンドラさん自身もお体を大切になさって下さい。
【*長月さんへ】
こんばんは。コメントありがとうございます。
要介護5のお父様より認知症のお母様が先にお亡くなりになったのですね。
心にぽっかり穴の開く感じ、よくわかります。
うちは今日四九日の忌明けを迎えましたが、空虚さはまだあります。

父の病状をご心配下さってありがとうございます。
母を癌で亡くしておりますので、父のことも気になりますが、無用に心配してもどうにもならないと思って開き直っております。人は何かの形で最期を迎えなくてはならないのですもの。

長月さまもお父様の介護とご自身への労わりと、どうかバランスを崩されませんようにとお祈りしています。
ありがとうございました。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。