2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

みつこさんが逝ってちょうど一ヵ月が過ぎました。
今日は月命日です。早いような遅いような不思議な気持ちです。
当初の混乱した気持ちは落ち着き、今は寂しいけれど、みつこさんの居ない生活に馴染みつつあります。

みつこさんの亡くなった時から逆にみつこさんの生活を手繰り寄せて行くと、最後の半年くらいはみつこさんにとってはきっと余分な辛いだけの時だったろうなと思い当たります。

みつこさんの亡きがらは肉体のぎりぎり限度までを生き切ったことを表していました。拘縮して戻らない脚、骨と皮になった体・・・、あんなに笑顔が可愛かったのに、笑顔がみられなくなったのも最後の半年でした。ひたすら目を閉じて耐えた最後の何ヶ月か・・。最後の数ヵ月には写真も残してありません。カメラを向けられなかったのです。

それでも、あの半年があったから、私はみつこさんをきっぱりと送り出してあげることができた。私たち残された者が覚悟を決めるための半年だったのだろうと思います。

みつこさんにとって、フェルガードはとても意義がありました。
最後に試すこととなったフェルガードAに関しては、病気の悪化と重なってしまったため意味のないものとなりましたが、2008年から2009年にかけてのフェルガードの効果には目を見張るものがありました。そのことはいつか必ずみつこさんの遺産としてきちんと報告したいと思います。


さて、今日はよしおさんにデイを休ませて病院へ連れて行きました。
月曜日から鼻水が垂れており、直に発作のような喘息のような咳がでるようになりました。熱は微熱、37度近いところです。まだ食欲はありますが、慌ててPL顆粒を続けて飲ませていたら、ふらふらになってしまいました。レビーだってことを忘れておりました。

今朝、トイレに立った時に足元がふらつき頭をトイレのドアにぶつけてしまいました。本人があまりパニックになっていないのは幸いです。恐らく食欲があることから、気分はそんなに悪くなさそうです。心臓のどきどきだったら、すぐに命の心配をしてパニックになりますが、風邪だと「寝ていればいい」という発想になるようです。

それでも嫌がらずに病院へは行きました。抗生剤の点滴と投薬を受けて帰ってきました。実は入院させてもらった方が家で看ているより安心かと思ったのですが、「ベッドさえ空いていればいいですよ」と言われたのですが・・・本人の「家がええ」の言葉に今回は諦めました。

もうひとつ、よしおさんで気になっているのはお下のこと。普通のパンツを使用していますが、毎回パンツが汚れます。お尻の後始末が悪いのです。介助なんて、とんでもない(本人にとって)ことなので、清潔という点からもリハパンに切り替えていこうともくろんでいます。


今日のなんくるカード
---------------------------
ティーダの心

まんまる 太陽 わたしの心
ティーダ 輝く いつまでも
明るく 強く まわりを照らす。


   *ティーダ:太陽
関連記事
スポンサーサイト

【】
バンドラさん、こんばんは。
よしおさんの体調は、その後如何ですか?
バンドラさんや御主人様もお疲れが出ておられませんか?
家族の他界は時間が解決するとは言いますが、一年忌が過ぎても兄の笑うと垂れ目になる笑顔が忘れられなくて、兄がヒョッコリと帰って来そうで辛さは隠しきれません。
私もバンドラさんと同じ気持ちになりました。兄の魂が抜けた巨体には、病と戦い抜いた痕跡が顕著に残されていて、今でも自分の痛みとして記憶に鮮明に残っています。思い出すと涙が止まらなくて、未だに死を受け入れる事が辛いのは事実です。死者の事を思い出してあげる事も供養の一つだと解っていても、今は思い出すと自分自身が崩れてしまいそうで、母も共倒れになります。でも、供養を続けなければいけない立場ですから逃げられないんですよね。兄の分まで生きている間に出来る事と、やりたい事を精一杯やり、ひっそりと野に咲いていたいと思います。後ろを振り向かないで、前だけを歩き続けます。
母も現在はフェルガードAを服用しており、アシュワガンダ効果も報告させて頂く機会が訪れるでしょう。兄の他界後からウイッキーさんと同じ様な状態になりF100から開始したのですが調節し情緒が安定してくれました。勿論、それだけが功を成した訳ではありませんが、ようやく我が家にも笑い声が戻って来ました。今年も、後41日で終わりですね。1日1日を大切にしたいです。バンドラさんも頑張りすぎないで、可能な範囲でご自身の楽しみも堪能して下さいね。







【すみません!】
ネームのスペル間違えました。すみません。
【*ayumiさんへ】
いつもコメントありがとうございます。

私はよしおさんからすぐに風邪をもらってしまい、それが腸に入ったもようで、昨晩は七転八倒になりました。よしおさんへ再汚染したくないのですが、誰も面倒を見てくれる人がなくマスク着用、手洗い励行で対処しています。

みつこさんは本日35日を迎えました。宗派によっては忌明けですね。早いような遅いような不思議な気分です。人がひとりいなくなるということは大変なことです。

時節柄ayumiさんもご自愛ください。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking