2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつこさんの法名の一部に「」の字と名字の一字が使われました。
それは「めでたいきざし」という意味があります。

この文字で表された天女は、「福徳をさずけるという美しい女神」という意味があります。

何という晴れやかな法名でしょうか。
何と、みつこさんに相応しいことでしょうか。
説明を聞いて、とても嬉しくて、気持ちが晴れ晴れとしました。


施設を出る時にもお別れに来て下さった介護士さんたちがいらっしゃいましたが、
通夜や葬儀にも多くの方が参列して下さいました。
施設へ片付けに行った時にも、挨拶に駆け寄ってきて下さった方もありました。

皆さん、口々にみつこさんの「笑顔」を褒めてくださいました。
そして、「みつこさんからたくさんのことを勉強させて頂きました。」ともおっしゃって下さいました。

認知症の改善を目指して努力していた私とみつこさんの取り組みが皆さんを動かし、
次の世代の住人さんに活かされていくとしたら、何て嬉しいことでしょうか。



みつこさんが亡くなった朝、私は前日から施設に泊まり込んでおり、よしおさんと夫は家に居ました。
朝、私が夫に電話で、「すぐには帰れないと思うから、よしおさんにひとりで待っているように伝えてから出かけて来て。」と頼みました。

みつこさんの亡きがらと共に帰宅した時に、何も知らなかったよしおさんはどんなにショックを受けたことでしょうか。

その時のことを葬儀社さんがブログに記して下さいました。
おじいちゃんの涙」(10月19日)というタイトルの記事です。
ご覧頂ければ幸いです。

みつこさんの葬儀はささやかでしたが、とても温かいものでした。
それは私の希望したとおりのものでした。
こういう記事を書いて下さる社長さまだからこそ実現できたのだと思います。
それもきっとみつこさんの手配でしょう。

2005年の旧日記から書き続けてきた、両親の介護日記(ふたりの介護)ですが、
とうとうよしおさんひとりになりました。
これからは、毎日の更新は無くなると思いますが、
時折よしおさんの様子をお伝えしたいと思っています。

時々は覗いてみて下さって、
今までと変わらずお付き合い頂ければ嬉しいです。



今日のなんくるカード
----------------------------
ミルクユガフ

心はいつも 弥勒世(ミルクユウ)
穏やか 豊か 満ち足りて
実り溢れる いつまでも。


   *ミルクユガフ(弥勒世果報):弥勒がもたらす豊穣の世界
関連記事
スポンサーサイト

【共に…。】
バンドラさんや御主人様も、お疲れの事でしょう。
みつこ様が神様の元へ旅立たれる事を受け入れた後の、よしお様の事を案じておりました。よしお様がみつこ様の旅立ちを消化し立ち直るには時間を要すると存じますが、バンドラさんや御主人様の愛情があれば大丈夫!胸を撫で下ろしております。
私の母も、兄が他界後は時間の経過と共に痛みがジワジワ~と深まり、峠を越えて傷口が癒えるのに時間を要しました。
私もそうでしたが、今迄、兄も生きいてくれたから、どんな事があっても強がってこれた部分がありましたので、亡くしてから、今迄杖をもって歩いていた事に気づき、その杖を無くしてしまった心細さに耐えられない時期がありました。しかし、私が倒れる訳にはいきません。
杖を無くした母が歩けなくなったら、私がおんぶして歩くしかありませんが、リハビリ(心の)をしっかりしてもらいましたので、小波はありますが、フェルガードの力も借りて、ようやく前を歩き出してくれました。

バンドラさんも、色々と細かい片付けもおありでしょう。
ブログは、ご自分のペースで、泣きたい時、寂しくなった時、色々な時々に書いて下さい。他の皆さんも同じだと思いますが、見守りながら応援しておりますから…。
【*ayumiさんへ】
よしおさんのことを気にかけて頂きありがとうございます。
息子さんを亡くされたayumiさんのお母様と、妻を亡くしたよしおさんとは心の負担がずいぶん違うと思います。よしおさんは思うところはあるにしろ、母の年齢からも、死を納得して受け入れています。
どうぞお母様をお大事に。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【*内緒さんへ】
内緒さん、どうぞお心を痛めないでください。
お悔やみのお言葉ありがとうございます。
お手紙は楽しみにさせて頂きます。
優しいお気持ち、本当にありがとうございます。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【*2,3番目の内緒さんへ】
コメントありがとうございます。
なんだか偶然の一致のようなことがたくさんありますが、きっと偶然ではなくて必然なのですね。
「あら、あなたも」なんてあちらで言い合っているかもしれないですね。
よしおさんのことも、書いていきますので、どうぞ今後ともよろしくお願いします。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。