2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月17日(日)午前8時

みつこさんの旅立ちをご報告致します。

みつこさんは私と施設看護師さんの見守る中
本日朝、天にかけ昇っていきました。

これまでの応援ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
ずっと応援していました。
パンドラさんのお心を思うと、涙がこみ上げてきます。
みつこさんのご冥福をお祈りいたします。
随分と頑張って来られましたからね。
安らかに・・・。
【お悔やみを申上げます】
お母様のご逝去を心よりお悔やみ申上げます。

見守っておられたパンドラさんに、みつこさんはきっと、
いつもの「ありがとう」を残し天寿を全うされたことでしょう。
みつこさんの素敵な笑顔・・・忘れません。
たくさん勇気を頂きましたもの…。

今はただ、流れる涙が止まりません。
心からご冥福をお祈り申上げます。合掌。

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【No title】
みつこさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

みつこさんお疲れ様でした。
穏やかにやすらかにお休み下さい。

パンドラさんお疲れ様でした。
しばらくお忙しいと思いますが、お体、お心お大事になさって下さい。

たくさん勇気と励ましをいただきました。感謝しております。
みつこさんの笑顔わすれません。







【No title】
みつこさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お母様は、パンドラさんの献身的な介護を感謝して、感謝して、感謝して……旅立たれたと思います。
両親の介護生活に入って河野先生のブログの次に目が離せなくなったブログが「パンドラのつぶや記」。パンドラさんを通して語られるみつこさんに、どれだけ勇気づけられたかわかりません。だから、お母様が逝かれた報に深い悲しみを抑えきれない私がいます。

みつこさん、ありがとうございました。

【No title】
みつこさんのご冥福をお祈り申し上げます。

みつこさんの笑顔が見られなくなるのはとても淋しいです。

パンドラさん、大丈夫でしょうか。
しばらくはお忙しくなり、悲しむ暇もないのかもしれませんが。
どうか、無理をなさいませんよう。
【No title】
パンドラ様
お悔やみ申し上げます。

みつこさん、ご家族に見守られて穏やかに旅立たれたのですね。
心からご冥福お祈りいたします。

(初メールがお悔やみの言葉になってしまいました。毎日ここに訪問していましたが、読むばかりでした)
【No title】
この度は ご愁傷さまでございます。

私事 先を歩かれていた パンドラさんご一家をお手本に
何度も何度もブログを読み返し 頑張れました
ありがとうございました

お母様のご冥福 心からお祈り申し上げます
どうぞお疲れ出ませんように。



【No title】
みつこさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
言葉がみつかりません。
みつこさんの「ありがとう」「ごめんね」が聞こえるような気がします。
みつこさんもパンドラさんも、一生懸命頑張ってこられた。
本当に、お疲れ様でした。

パンドラさん、ご家族の皆様、お体には気をつけて下さい。



【No title】
みつこさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

よしおさん、パンドラさん、ご主人様お疲れ様でした。
しばらくはお忙しい日々になると思いますが、
お体にきをつけて・・・

【No title】
みつこさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

みつこさんのやさしい笑顔忘れられません。

パンドラさん本当にお疲れ様でした。

みつこさんありがとう

パンドラさんありがとう
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【お疲れの出ませんように…。】
この度は、まことにご愁傷様でございます。

バンドラ様のブログを拝見し始めたのは、最近ですが、みつこ様が特養のユニットへ入所されておられたという事で、内部事情が分かる面もありましたので、一部私の解釈に早合点があり高揚してしまった事も恥じつつ、バンドラ様の愛情にも包まれながら、みつ子様は、最後まで声なき声で「ありがとう」と、そして病気のせいで苦労掛けてしまって「ごめんね」を言い続けて可愛いシェリーちゃんの元へ旅立たれたのだと思います。
私も、自分が経験してきたターミナルケアから御見送り(施設出棺)までの、様々なシーンを思い出し辛くなりましたが、精一杯に愛情を注ぎながら介護をしてきましたので悔いはありません。
バンドラ様が、最後まで希望を捨てずに寄り添われた御姿は、ブログからも拝察出来ますし、長かった御経験や御苦労は、今後も他の介護現在進行形の皆さまにとっても心の支えとなる事でしょう。
パソコンに向かう気にもなれなかったお辛い時でしょうに御報告頂き、誠に有難うございました。

よしお様は落ち着いて受け入れる事が出来ましたか?
お疲れが出ない様に、どうかご自愛くださいませ…。
頑張り過ぎず頑張って下さい。


【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【No title】
このたびは、心よりお悔やみ申し上げます。

みつこさんの人生の最大の幸福は、パンドラさんが娘だったことだと思います。
みつこさんは、感謝の気持ちいっぱいに旅立たれたことでしょう。。
「パンドラちゃん、本当にありがとうね。」
みつこさんの言葉が聞こえるようです。

血の繋がりよりも深い縁と云うものはきっとあると思います。
同じ立場の娘として、日々共感し、学ばせて戴きました。
みつこさん、パンドラさん、ありがとうございました。

みつこさんのご冥福を心よりお祈り申しあげます。
【みなさんへ】
まとめてのご返事で申し訳ありません。

皆さんのお悔やみのお言葉、介護への労わりのお言葉
たいへんありがたく頂戴しております。
何度も読み返させて頂きます。
ありがとうございました。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。