2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

今日はみつこさんには何もない日なのですが、ちょっぴり顔を見に2時半頃に出かけて行きました。すると昼食中でしたが、今日は車イスでユニットのカウンター席で介助を受けていました。ということは多少は調子良さそうという感じでしょうか。

しかし、起きて来て10分くらいということでしたが、すでに車イス上でへたっていました。目を閉じているけれど聞こえてはいる状態です。口は固く閉ざして「要りません」状態です。車イスに座っているのがしんどそうで、しきりと背中を立て直そうとするので、お願いしてベッドへ移動させてもらうことにしました。

ベッドに寝かせるのも、介護士さんによって、それぞれ独自のパターンがあります。今日は細い方のお兄ちゃん介護士さんがベッドへ移動させて下さったのですが・・・・。

みつこさんは腕は柔らかですが、足は拘縮が強く、自然にすると膝が胸につくくらい丸くなってしまいます。当然横向き寝しか無理です。そこで詰め物が大活躍です。○トリの抱き枕が2種あります。ひとつは犬。ひとつはくまです。可愛い縫いぐるみです。それから、本当の長い抱き枕、それから座布団です。

まず横向きにみつこさんの体を置きます。横を向いて前に差し出した両手の間にくまちゃんを抱かせます。前に出た手は何かをつかんでいたいようなので、くまちゃんを抱き締めてもらいます。くまちゃんの足の方はひざとひざの間に入っています。これでくまちゃんは動きません。両足の下には横向きに長い抱き枕を置きます。というか、足を抱き枕の上にあげると言う方が正解かもしれません。それから背中側にわんちゃんぐるみを置いて背中の浮きに添わせます。ベッドの中で小さな体が横向きに横たわっていて、今はまず動きませんからベッドから転落ということはまず有り得ませんが、それでも一応前側の足もとにもベッド柵を置いています。このベッド柵に挟まったと言う事故がみられるため、ベッド柵にそって抱き枕を置く人もいます。その時には足の下には座布団が置かれていたりします。

みんなそれぞれのやり方があるんですとお兄ちゃん介護士さんが笑っていました。私は毎度、へぇ~とか言いながら楽しませてもらっています。


本日午前中は、よしおさんの循環器外来の受診日で、10月1日からインフルエンザの予防接種が始まっているし、今年は予約なしなので、次回(2ヵ月後)でもいいけど、今日でも良いですよと言われ、早々に予防接種を受けてきました。その後はデイに直行だったのですが、「お風呂に入ってもいいの?」っと心配そうなので、お風呂は止めさせてもらうことにしました。ほんとは1時間すればよいそうなのですが、無類の心配症ですから、刺激するのは止めようと思いました。

病院からデイまでの車中、「インフルエンザの予防注射を打ったのかね?」「お風呂は入らないとデイの人に言ってよ。」っと、自分が忘れることをよく自覚していて、命にかかわることを忘れないように、伝え忘れないようにと一生懸命でした。最近はカレンダーに朝昼夕の食べたものが克明に記入されています。体の不調(足が痛かった)、服薬(セデスを飲んだ)などもきちんと書いてあります。最近、自分が忘れることを自覚してきたようです。これって進歩なのでしょうか。進歩なら、フェルガードAの効果でしょうか。


今日のなんくるカード
---------------------------
ユイマール

結び合って 丸くなる
助け合って ニコニコと
縁と縁で 結○(ユイマール)。


   *ユイマール:助け合い
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking