2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつこさんは本日85歳になりました。
今日のお誕生日を迎えることが目標でしたから、身近な目標を達成したと言えます。

今日は訪看さんの日で、1週間ぶりに点滴をする日になっていました。今日から手から点滴をするということで、どんな具合になるのか私が最後までつくことにしていました。

この1週間は点滴も一回でしたし、食事も摂れず、明らかに下降してきたのを感じました。それで今後点滴は元通り週2回に戻りました。

今朝出かけて行くと(10時半)まだ、朝ご飯を食べさせてもらっているところで、ほとんど手つかずでしたが、すでに車イスの上でダウンしていました。お話を聞いてみると、朝起きた時には笑顔もあったそうなのですが、着替えて、食事の用意をして、車イスに移動してテーブルまで出て行く過程で体力を使い果たしたようで、食べ始める前にぐったりとしてしまったようです。

そういうこともあって、施設看護師さんから介護士さんと相談の上、状況を見ての話しですが、今の状態ならば、食事はベッド上にする、着替えも無理にしないでパジャマ対応にする、入浴は無理、清拭にすることを了承してほしいと話がありました。これは私の方も「無理をしないで欲しい」と再三お願いしているところでしたから、こちらこそお願いしますと申し出ました。

点滴に関しては、私が最後まで付けない時には、リクライニング車イスに移動してユニット中央で目の届くところにいることになりました。リクライニング車イスは辛いと思うので、出来る限りつこうと思います。今日のところは特に問題になるようなことはありませんでしたが、ベッド柵にぶつけて漏れるとか言う事も有り得ますので、人の目の届くところにいる必要はあると思います。

訪看さんとのお話で、体が辛い時にはどういう対応があるのかとお尋ねすると、ステロイドの服用(注射)ということでした。まだ今そうするというお話にはなりませんでしたが、何となく体が辛そうな感じはします。眉間にしわを寄せていたり、明らかに痛そうな表情をすることもあります。それは一瞬のことなので、持続的に痛みがある段階ではなさそうですけれど、どこかで少しづつ始まっている感じはあるかもしれません。口に出せない辛さを極力わかってあげたいと思います。

今日は午後には認知症外来の往診もありました。私は点滴が終わって、少し時間があったので、一旦家に帰りましたが、とんぼ帰りしてきた時には往診はすでに始まっていて、みつこさんの分は施設看護師さんが報告して下さっていて、1日NEWフェルガード2包で、飲めるだけを飲むということで了解を得ていました。

往診が全員済んだところで、先生がみつこさんの部屋を訪ねてくださいました。そこで不思議なことが起きました。目を開いていたみつこさんが、I先生に手を差し伸べたのです。そんなことは初めてでした。みつこさんは全てわかっていると思います。自分のことも、私のことも、先生のことも・・・。
差し伸べた手は「私を絶望の淵から救って下さってありがとうございました。これでお別れです。」と言っているのだと私は感じました。1ヵ月後には命はあっても意思表示できる状態にはないかもしれません、そのことも分かっているのだと思います。

先生と施設看護師さんの間で、ステロイドの話が出ていました。訪看さんにお願いするということになっていました。I先生のアドバイスなのだと感じました。たくさんの人に支えられて幸せです。

なんとなく辛そうに見えるみつこさんの背中を施設看護師さんが撫でて下さると、看護師さんにしか聞こえない声で、「ありがとう」とみつこさんがつぶやいたそうです。言葉を失っているのに、「ありがとう」と、「ごめんね」を覚えているみつこさんは何て偉いのでしょうか。

3時間ちょっと一緒にいると、時々目を開いて、何か言います。今日は何だか辛そうで、何かを訴えていたのですが、わかってあげることができませんでした。「もう帰るわ、また来るから」と言うと、とても寂しそうにしているように見えて、とても後ろ髪をひかれます。できることなら、ずっと一緒にいてあげたいのに。


今日のなんくるカード
---------------------------
パワーアップ

落ち込んだって 平気だよ
そのあと 必ず ついてくる
パワーアップが ついてくる。
関連記事
スポンサーサイト

【お誕生日を御祝い申し上げます】
みつこさんのお誕生日おめでとうございます

穏やかにお誕生日をお迎えになられたとのこと、御祝い申し上げます。
きっとみつこさんは、安心の境地の中でお過ごしだと思います。
そして、パンドラさんへの感謝の気持ちでいっぱいだとお察しいたします。

残された日々が穏やかでありますように。
【*メリーさんへ】
メリーさん、こんにちは。昨年とは様変わりのお誕生日になりましたが、こうして無事85歳を迎えられたことはとても幸せだと思います。
みつこさんの私への気持ちは私は充分感じています。
こういう状況になかったら、その気持ちを感じることもできなかったことと思います。
すべては私に必要なことだったのだと思います。
ありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。