2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

今日は午前に点滴、午後にマッサージというみつこさんにとってもちょっとハードな日です。マッサージはみつこさんにとって、それが気持ちがよいと感じる限り続けていきたいと思っています。ハードというのは、食事の時間がなくなってしまうことです。でも食事はずれて食べさせてもらえると思うので、どうしても必要なものから優先ということで、点滴、マッサージ、食事という順番になります。

さて、点滴が入ってから、3時間ちょっとはベッドで横になることになります。今日は割と目覚めていることが多く、目覚めたり眠ったりなのですが、目覚めている時に、わからん語でおしゃべりしてくれました。わからん語の時には私も適当に相槌を打ちながら、うとうとしてしまったりするのですが、今日はそのわからん語の合間にはっきりとした言葉が続きました。

ごめんね



ごめんね



ごめんね



ありがとう

退院以来あまり聞いた事のなかった、みつこさんのはっきりとした言葉です。
今日ははっきりとそこだけが浮き上がったように聞きとれたのです。
みつこさんの精一杯の力を使って、その言葉を伝えてくれたと思うと、胸が熱くなりました。
ごめんねとありがとうがみつこさんの私に対する気持ちの集約だと思うのです。
私こそ、ありがとう」と答えました。きっと通じたと思う。

それから、はっきり理解できなかったけれど、言葉として成り立っていたものとして、
好きだって?」という疑問形なのか、あるいは「好きだった」という肯定形なのかわからないのだけど、そんな言葉をつぶやきました。何が言いたかったのかな?

笑顔も一杯見せてくれたし、嬉しい一日でした。


今日のなんくるカード
---------------------------
与える

与えることは 受け取ること
与えることは 包まれること
宇宙は いつも 見守っている。
関連記事
スポンサーサイト

【No title】
「いつもいつも気にかけてくれてありがとう。

かわいいパンドラちゃんが、ずっと好きだったよ。

それなのに最近は迷惑ばかりかけてごめんね。

あなたのお母さんになれてよかったよ。

本当にありがとう。」

と言っていたのだと思います。
【*メリーさんへ】
メリーさん、たいへんご無沙汰いたしております。
暖かいコメント、本当にありがとうございます。
メリーさんが想像して下さったとおりだったら、本当に嬉しいなと思います。

すっかり言葉を失って、自分の意思を伝えることが叶わなくなった母が一生懸命伝えようとしている言葉がこれなのだと思うとジーンとします。
認知症の人の気持ちは体験してみないと真実はわからないと思うのですが、母を見ていると、わかっていること、感じていることは多いのだと感じます。

母を介護してきて、こういう体験ができたことが、とても有り難く貴重で、ここまで来ることができてよかったと思います。

コメント、本当にありがとうございます。
この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking