2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

月、水、土はよしおさんがデイに出かけているので、みつこさんの昼食介助に出かけることは可能です。今日は2度目の食介に出かけてきました。

12時頃に施設に到着すると、まだ誰も食事をしておらず、ただ今準備中でした。みつこさんは窓を開けて、私が持って行っているCD(リベラ)をかけてもらって、ベッドで休ませてもらっていました。見ると「えへぇ」と笑って目を開いていました。

CDを新しいもの(残響)にかけかえて、目を開いて、わからん語を話しているみつこさんと手をとって向き合っていました。きっとこういう一時がとても貴重で大切な時・・そう、ちらっと思いながら、その大切な時を掌の上でころがしているような気持ちでいました。

30分ほどして、みつこさんが目を開いていることを確認したお兄ちゃん介護士さんが、みつこさんの食事のセットをしてから呼びに来て下さいました。

今日の昼食は、クリームシチュー、高カロリーゼリー、お茶、りんごジュース、それにNEWフェルガード半包をジュレでというメニューでした。飲めなくならないうちにと思って、最初に少量のジュレにNEWフェルガードを溶いて口へ入れました。ジュレが少なすぎて味がまずかったようで、顔をしかめてしまいました。お口直しのつもりで、OS-1ゼリーを小鉢1杯、小鉢から直接飲ませてみると、ずるずるっと飲むことができました。

クリームシチューは少し前にはとても好評だったということですが、どうも今日は進まなくて、首を横に振られてしまいました。せいぜい3口というところでストップしました。喉は乾いていたのか、お茶とりんごジュースはカップ1杯飲むことができました。途中眠ってしまっても、諦めず、目が覚めるのを待って食介を再開して、どうにか高カロリーゼリー1個を食べることができました。でも1時間かかって、せいぜいこんなところです。

家から持参したのは、サケのほぐし身を混ぜたおにぎりです。ご飯が口にしたくはないだろうか?と思ったからです。ほんのほんの一口を口に入れましたが、これはまずかった。いつまでも口の中にある様子で心配になりました。やっぱり飲み込みが悪いのかもしれません。ご飯粒が食べにくそうでした。食後休む前に介護士さんに口の中にご飯粒が残っていないか見てもらう事にしました。

それと、とろみのない普通のお茶で、盛大にむせました。たぶん口への入れ方が悪かったと思う。一口づつ飲み込んだのを確認してから次を入れることが大事だとわかっていたのに、たくさん飲んで欲しいという焦りが出ました。

食介をしてみてわかったことがあります。これ以上食事状態を向上させることは無理です。恐らくこれがmaxでしょう。食事形態に拘ることもないということもわかりました。せいぜい1食に高カロリーゼリー1個と飲み物という感じです。

みつこさんの意思に従おうという以前からの気持ちを確認することになりました。日により好調不調はあるにしても、全体としては穏やかに下がっていくことでしょう。その下がっていく様を焦ることなく、自分の気持ちを押し付けることなく、それがみつこさんの望むところであるならば、穏やかに付き添っていこうと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
かりゆし

この世は めでたい 神遊び
神代(かみよ)の 世界が よみがえる
世界に かりゆし ひろげよう。


   *かりゆし:めでたいこと
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking