2013 / 10
≪ 2013 / 09 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2013 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

131011b.jpg
2013年10月11日 お紐解法要

131011a.jpg
東本願寺名古屋別院 本堂

間もなく、みつこさんの3回目の祥月命日がやってきます。

施設で3年弱お世話になり、そこで亡くなってから、はや3年の日々が過ぎました。
時はひとときも止まることなく流れ続けています。

兄弟姉妹がなく、子供もいない私は、先々のことを考えると、両親たちのお墓問題は
なかなか、決心のつかないものでした。 実は、3回忌法要の折に、よしおさんの
両親(私の祖父母)の眠る お墓に、事情の許す時に入れて頂くという約束を、
従弟としていたのですが、その知らせを待っている間に、私の心に変化が起きました。

お墓は、何の為に建てるのだろうか?
私は、どうしてお墓にこだわるのだろうか?

ずっと、亡くなった人たちの「名前」を、どこかに遺しておきたいと思っていました。
それは、誰のため? 亡くなった人のために? 本当にそうなのだろうか。
自分のお墓は無くてもよいと私が思っているのだったら、両親たちも同じでは
ないだろうか。残っている人に負担をかけたくないという想いは同じではない
だろうか。

もしも、自分のためだったら、何も遺さなくとも、私の心の中には3人の私の親は
私が生きている限り、生きています。いつでも繋がることができる。
だったら、形はなくても大丈夫。 そう気づきました。 会ったこともない、従弟の
子孫たちに負担をかけるのは、よそうと思いました。

そういう訳で、本日、2013年10月11日
私の実父、継母、実母のお骨が納骨してある お寺で、永代経をあげてもらうことと
して、その最初のお紐解法要(おひもとき法要)というものに参加してきました。
これからは、月命日には、読経がなされます。私たちは、いつでも参加できます。
それが、お墓参りに相当します。

私をこの世に誕生させてくれた人たち、育ててくれた人、その人たちに感謝を
込めて、私の心の区切りをつけることができました。

長きに渡り、書き続けてきたブログも、もう、更新はこれが最後の最後と
なります。このブログを参考にして下さった皆様、本当にありがとうございました。
今後も、読んでくださる方がある限りは、このブログは存続しています。
関連記事
スポンサーサイト
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。