2012 / 10
≪ 2012 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2012 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の10月17日はみつこさんの2回目の祥月命日でした。
その3日前の日曜日に、みつこさんと、よしおさんの合同の3回忌法要を執り行いました。

ふたりの命日はちょうど半年離れていますので、これまでは、法要はそれぞれに執り行ってきましたが、集まって下さる方には、1年のうちに何度となくお願いすることとなり、心苦しくなってきましたので、親族が集まっての法要は、今回で最後にしようという気持ちになりました。後は、私と夫のふたりで供養をしていこうと思っています。

今の私の気持ちを、どこからどういうふうに書いたらいいのかと迷うのですが、よしおさんの1周忌から半年経過して、私自身の気持ちは大きく変化しています。

もう、後ろを振り返って、後悔することは皆無になりました。よしおさんの人生、みつこさんの人生、それぞれの中での、私自身の果たした役割は、ちょっとよけておいて、私の人生の中で、よしおさんとみつこさんが果たしてくれた役割について述べると、それぞれに、それ自体、全て完璧だったのだと言えます。そういうことに気づきました。

ふたりがそれぞれに認知症になり、出会いがあって、軽快し、でも、介護が必要となり、病気になって、看病が必要となり、それが重なって、私ひとりの肩にのしかかってきて、つぶされそうになりながらも、つぶされることはなく、最後には大きな感動をもたらしてくれた。

そのすべてが、大いなる意思によって、準備されていたものであって、経過は順調に予定通り進んだという気がします。一体何の為に?? それは、ただひとえに私の心の成長のために。 私自身が望んだことだったのです。今は、ただ、もう素直に「よしおさん、みつこさん、ありがとう」という気持ちです。

関連記事
スポンサーサイト
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。