2012 / 05
≪ 2012 / 04 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2012 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空

5月11日にふたりのお骨を東本願寺名古屋別院に納めてきました。
出かけに見た空は、真っ青な中に、無数の白い雲が湧き上がっていました。
この日を祝福していてくれるようでした。

兄弟姉妹がなく、子供がいない私が、両親のお墓を建てても、いずれ無縁墓になってしまいます。それも忍びなくて、どうしたものかと思案を続けていました。所謂永代供養のお墓を建てるのか・・。
永久的に納骨堂のようなところへ納骨するのか・・。
どれも今一つ気持ちが、「これっ」っと言ってくれなくて、どうしましょう~っと思っていました。

よしおさんの両親のお墓は存在しますが、そこを管理しているのは、よしおさんの亡き弟の妻である叔母とその後を継ぐ従弟です。本来はよしおさん一家はそこへは入らないものなのですが、法事の席で、叔母一族の方から、「このお墓に入ってはいかが?」と、嬉しい申し出があったのです。

実際には、もう少し後のことになるのですが、一応、私の3人の両親をお墓に納骨することに決めさせてもらったのです。とても有難いことです。

東本願寺別院


それで、それまでの間、お寺に預骨をすることに決め、先回の母に続き、納骨をしてきました。
今は3人そろって同じところで眠っていることになるのでしょうか?

ずっと私は、両親中心の世界の中で、主役が両親、その脇を務めるのが私、という生活というか意識で過ごしていたように思います。

今は、私が主役の私の人生の中で、脇を務めてくれていた両親が役を終え、旅立って逝ったのだというふうに気持ちが切り替わってきました。これからは私が主役の私の人生、精一杯、自分の役を務めたいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。