2011 / 09
≪ 2011 / 08 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2011 / 10 ≫

大人の歯科矯正治療最終報告(2011年9月1日)

術前術後


矯正装置が外れてから1ヵ月ほど後に検診があり、それでOK出て、今度は矯正によって、奥歯の被せ物がうまく合わなくなっている部分もあるので、きちんとやり直すのであれば、一般歯科に戻って治療をしてくださいと指示が出て、乗りかけた船ですから、できるだけのことはしようと4月から治療を進めていました。

奥歯の被せ治しをし、かみ合わせなどをきっちりと合わせてもらい、歯と歯の隙間も適切な量になり、1本だけ残っていて邪魔をしていた親知らずを抜き、最後にブリーチをして白い歯を取り戻し、っと、出来る限りのことをしました。

59歳から矯正を始めて、2年と4ヵ月。こんな健康な歯を取り戻せるとは思っていませんでしたが、結果は大満足。歯の健康面でも、見た目の審美的な面でも共に大満足です。

うどんも、スパゲッティも噛み切れなくて、人前で食べることに不安がありました。それも解消。見た目は画像を見て頂くとわかるように、歯並びがきれいになっただけでなく、手術をしなくても骨格も変わり、顔の輪郭も変化しました。元は受け口だったのですが、顎の位置も変化しました。骨の変化に伴って筋肉も変化するそうで、筋肉だけがだぶつくということもありません。

矯正を始めた時にはふたりそろっていた両親も、終わった時にはふたりとも彼岸の人になっていました。きっとずっと見守っていてくれたのだろうと思っています。

もし、矯正したいけど、年だから、とか、もう今更とか思っていらっしゃる人がいたら、大丈夫、思い立った時が吉日です。遅過ぎることはありませんから、勇気をだしてねとお薦めします。


関連記事
スポンサーサイト
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking