2010 / 11
≪ 2010 / 10 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2010 / 12 ≫

今日、新聞を読んでいましたら、風邪のことが載っていました。
受診する必要があるという項目の中に「黄色い痰が出る」というのがありました。薬を飲んでいるから大丈夫と思っていましたが、抗生剤を飲んでいても進行して気管支炎にまで広がっていたということです。幸いよしおさんは肺炎にはなっていなかったようなのですが、熱が普段の平熱より1度ほど高めだということも、普段が低いので見過ごされてしまったと思います。

更に、ウィルスが腎臓に入り、腎炎を起こすことがあるという記述もありました。今回はこれなのかもしれません。初期から受診しているから大丈夫と若い人と同様に考えていたのはいけなかったと思います。本人の平熱より1度ほど高めだけど、本人の訴えもないからとデイに行き、お風呂に日中入っていたのもまずかったなぁと思います。まして、食欲が落ちてきていて、痰のからむ咳が出ているのに、デイに行けているからとショートへも出したのは、傍迷惑でもあり、本人にも負担を強いて、誠に介護者として失格。

皆さん、済みません。って感じています。幼児と老人の風邪を侮ってはいけませんね。


今日のなんくるカード
---------------------------
ブラボー

ブラボー! 私の人生に
ブラボー! 私の魂に
ブラボー! 今日の一日に。

関連記事
スポンサーサイト

面会時間外なのですが、やはり都合のいい朝10時過ぎくらいに訪ねることにしています。今朝はちょうど着替えをさせてもらっていました。爪が伸びていたので、切ろうと思って爪切りを持っていったのですが、看護師さんが髭そりもして下さるということだったので、ついでに爪切りもお願いしました。

まだ、食欲が出ないと言って、着替えるとすぐに目を閉じてしまいました。検温、血圧はあまり変化なく、36度5分、165と言うくらいでした。点滴は食事も摂れていないので、ブドウ糖入りの輸液と、もう一種は抗生物質ではなく、腎機能改善のものだそうです。

元気なく「ご飯が食べたくない。」と看護師さんに訴えた後は、何も言わず目を閉じていました。体調は思わしくなく、心の中は死の恐怖と闘っているのではないでしょうか。

また、明日くるわ」っと言うと、「ありがとう」と言うだけで、それ以上追うわけでも、帰りたいと訴えるわけでもありません。静か・・・です。


今日のなんくるカード
---------------------------
自分を愛する

まるごと 私 そのまんま
今の自分を 認めよう
私は私が 大好きさぁ。

関連記事

今朝訪ねていくと、主治医の入院治療計画書が出来ていました。
入院理由は「慢性腎不全の増悪」になっておりました。食欲不振と倦怠感が主訴になっています。やはり風邪から脱水になり食欲低下していたのかな?食欲は確かに低下していました。あんなに食べていた「うにの瓶詰め」に手を出さなくなり、柿も食べなくなりました。うーーーむ。風邪薬で胃が荒れたのかと思っていました。夏の入院の時も同じことを私言っていました。懲りないな私。

こういうことを繰り返していると腎機能がだんだん戻らなくなるかも・・・。戻ると言ってもすでに慢性腎不全の領域ではあるので、戻らないということは腎臓が機能しないということを意味します。

痰を吐きだしたティッシュペーパーの数は減っているので、咳は治まってきているようです。入院予定は2週間くらいとなっていました。何も他になければ・・ということです。

夏から続いている下血も気になるところです。どう調べてもらって、どう対処するのが、本人にとって一番良いのだろうか。水曜日によく主治医と相談したいと思っています。


今日のなんくるカード
---------------------------
ヒーリング

ヒーリングは フィーリング
自分を癒し まわりを癒す
愛と光で ピーカピカッ!

関連記事

今日は主治医の先生のお話を伺えるかなと思って朝診察前に病院へ行ったのですが、お忙しくて、来週の水曜日にお約束ができただけでした。

よしおさんは、昨日の午後から持続点滴(単純な輸液)をしていました。恐らく脱水になっていて腎機能が更に低下しているのだろうと思います。もうひとつは恐らく抗生物質だと思う。うとうとと眠り続けていますが、私の気配で気付いたようで、むくっと起き上がると、「ご飯が食べれん~」と情けない声を出しました。

パ「ご飯が美味しく食べれるようになるまで、病院でゆっくり休んでいてよ。」と言うと、
よ「そうだな。」と殊勝な顔をしていました。

ほんとは内心は「どこが悪いんだろう。死ぬんだろうか。」と悶々としていることでしょう。
説明してもその場限りであまりにも意味がないので、それ以上何度も言う必要もないように思います。フェルガードのおかげで不穏にはならないでいてくれるので、本当に助かります。ナースコールもできるし、点滴も抜かないし、私はただ顔を見せて、放置しているわけではないことだけ示せば納得(?)してくれるのではないかと思っています。

入院に関しては先回風邪で受診した時にもお願いしたのですが、本人の拒否があり止めました。「ご飯が食べれなくなったり、気分が悪いと本人が感じれば納得してくれることでしょうから、その時はベッドさえ空いていればどうぞ。」と言われていますので、主治医の先生としては、その時が来たと言う感じで特に説明を要することはないのだと思います。

4ヵ月前に脱水で入院した際にも、今後は気をつけて様子を見ながら、体調低下してきたら、ちょこちょこ入院して改善するというふうでやっていけばどうだろうかと言われていますので、そういうことかなと考えています。寝たきりにならないうちに退院する・・という具合でやっていけたらいいなと思います。

元気でやってきたよしおさんも、段階をひとつ上がったと考えていいのでしょう。
自宅に戻ったら、何とか頑張ってデイに行きたい。行ってもらいたいと思っています。後は在宅ちょっと、ショートたくさん、具合が悪い時は入院。そんなバランスで行きたいと・・・あくまでも私の希望です。


今日のなんくるカード
---------------------------
ワラワサー

笑うとさぁ 嬉しいさぁ
人を笑わせ 楽しいさぁ
笑顔の花は フラワーさぁ。


   *ワラワサー:ひょうきん者
関連記事

朝一段落して、さて、よしおさんの部屋を片付けようと思っているところへ携帯が鳴りました。
携帯電話というのは緊急電話なので、イヤな予感。果たしてショートからでした。

咳が酷くてご迷惑をかけているのかなぁと思ったのですが、そうではなくて・・・早朝いつもの「胸のどかん」が起きたそうです。

胸がどっか~んとした。病院へ連れてって。」と言ったそうですが、それ一回だけのことで、特に続くとか、頻回に起きるわけではなく、そのうち治まったといういつものパターンだったそうなのですが・・。
施設看護師さんが出勤されてから様子をみてみらったのですが、脈は落ち着いていて正常なのだけど、血圧が170を超えていて高いので、どうしようかという相談電話だったのです。

このところ、この胸のどかんが頻発していて気になるところでしたし、咳も治まっていないし、ここはやはり病院受診のつもりでショートへ迎えに行くことにしました。

ショートについてよく話を聞いてみると、夜中(早朝)の咳も相当酷かったようで、バケツ(尿瓶入れ)に痰を多量に吐きつけていたようです。さらに部屋を出る前にやおら尿瓶で用を足しだしたのですが、まったく方向違いに床に尿が漏れてしまいました。とっても衰えて鈍っています。

ショートはこれで退所して、このまま病院受診をしますと話すと、朝の電話とは別の看護師さんが残りの薬を持ってきてくれました。みつこさんの最後となった看取り介護について奮闘して下さった看護師さんです。

どうしていらっしゃったの?元気にしていらした?たまにはユニットへ遊びに来て下さい。みんな待ってるし~」と優しく声をかけてくれました。娘のような看護師さんに肩を抱かれて、胸も体も熱い!人の情がぐ~んと伝わってきて、涙腺が緩みそうです。


さて、病院へ着いて、しばらく待った後、循環器科の先生の診察を受けることができました。
胸のどかんということが、どういう状態を表しているのかわからないけれど、恐らく咳き込んで血圧上昇して、胸に違和感を感じたのではないだろうか?という話しになりました。私がそろっと入院できないかとお聞きしてみると、そう思っていたところですとお返事が返ってきました。

年齢と170という血圧だけからでも充分入院対象だということで、これで一人暮らしはどう考えても無理だとおっしゃっていました。本人はすでにこの時点では入院はイヤになっておりますので・・「どのくらい入院するのですか?」と食い下がります。先生は「一週間くらいかな」とおっしゃいましたが、後から私だけ呼ばれて、「あれはあくまでも本人に納得させるためで、本当はどうなるかわからないと思ってください。」と言われました。

デイに行けない日、ショートへ行けない日はある日突然やってくるのかもしれません。
さて、この先の対策をやはり何とかしないと・・・。


今日のなんくるカード
---------------------------
受け入れる

勇気を持って 受け入れる
相手を信じて 受け入れる
自分を信じて 受け入れる。

関連記事

よしおさんは今日からショートの予定で、本人には何の問題もなく出かけて行きました。ただ、風邪の後でまだ痰のからむ咳がでることを申告しましたら、ちょっとした騒動になりました。仕方ありません。ショートは伝染性の病気には非情に神経質です。ひとりの問題ではないから当然です。

熱はありませんので、その点はパス。血圧は携帯血圧計で測ったら200を超えて計測不能。水銀に替えたら140~150というところでやや高いですが、着いたばかりということで後で測り直すことでパス。咳はまわりの人に気にされるので、風邪の急性期ではないにしても他の利用者さんとは離れていて欲しいと言われました。事情によってはお電話してお迎えを願うかもしれないと釘をさされました。

食事の時も別テーブルか、もしくは自室にて、いつものテレビの前のみんなの集まる席での休憩は今回はひかえて欲しいと言われました。これは本人にも伝えておかないと、その時になってひねくれそうです。

パ「咳が出るから、みんなとは少し離れていてね。」と伝えると
よ「咳なんかしとるかね?」「テレビのとこへ行ってはいかんのかね?」とすでにひねてしまいました。

デイではお風呂にすでに入っていると伝えたのですが、なかなかどうして、すんなりとはいきません。時と時間を考えるので、回数が減ったりすることもありますが了解してくださいと言われました。

ちょっとした隔離状態で、本人がショートに嫌気がささないことを願うばかりです。
いくら忘れっぽくても、自分がイヤだと感じたことは百年たっても忘れないので困ります。

でも、今日は夜まで何も連絡がなかったので、内心ほっとしています。


今日のなんくるカード
---------------------------
聞き耳頭巾

よくよく聴いて 耳澄まし
感じてごらん 心のままに
聞き耳頭巾は 聞き上手。

関連記事

よしおさんの言動は心配なことも多いけれど、腹立たしいことも多く自分を抑えることが難しくもあります。

まず、風邪は極初期に対応したため酷くならずに済んだと思っていましたが、少し薬を切るのが早かったのか、すぱっとはよくならず後をひいています。気になるのは微熱(36度台ですが)が続いていること、体がだるそうであること、痰の絡む咳が出ていることです。それでも思ったほど気分が悪いわけではないようで、デイにも出かけ、入浴もしています。

私はというと、よしおさんに付き添って病院へ行った翌日には確実に風邪をもらいうけてしまいました。それでも、すぐに家にあった薬で対応しましたので、そんなに重篤になるわけではないのですが、何と腸へ直行したようで、酷い下痢に見舞われてふーふー言ってしまいました。その間もよしおさんのことを看てくれる人はいないので、手洗い消毒かかさないようにして、通っておりました。

もしも、よしおさんがノロウィルスに感染したとしたら、考えるだに恐ろしい。家中菌を撒き散らすことでしょう。今日もデイから帰ってくると、咳が出て、痰が出ました、すると、その場でペッと庭に吐きだしたのです。痰が吐き出せず、ゼロゼロ言って苦しまれては困りますが、そういう状態にはほど遠く体力がありますから、しっかり吐きだせるのですが、不潔とか非衛生とかいう観念が全くありません。その後出てくる痰はティッシュに吐き出してもらったのですが、使用済みティッシュを布団のまわりに並べたり、手を洗う事もありません。

まわりへの配慮なく咳はするし、デイでもご迷惑をかけているだろうなとは思うけど、行って欲しい。明後日からはショートの予定だけれど、受け入れてもらえるだろうか。デイに行けてるなら大丈夫かな。残りのわずかな薬をばんばんに飲ませようともくろんでいます。


今日のなんくるカード
---------------------------
リラックス

のんびり ゆったり あるがまま
心と身体を 休めましょう
ゆらゆら ふんわり 流れるよ。

関連記事

みつこさんが逝ってちょうど一ヵ月が過ぎました。
今日は月命日です。早いような遅いような不思議な気持ちです。
当初の混乱した気持ちは落ち着き、今は寂しいけれど、みつこさんの居ない生活に馴染みつつあります。

みつこさんの亡くなった時から逆にみつこさんの生活を手繰り寄せて行くと、最後の半年くらいはみつこさんにとってはきっと余分な辛いだけの時だったろうなと思い当たります。

みつこさんの亡きがらは肉体のぎりぎり限度までを生き切ったことを表していました。拘縮して戻らない脚、骨と皮になった体・・・、あんなに笑顔が可愛かったのに、笑顔がみられなくなったのも最後の半年でした。ひたすら目を閉じて耐えた最後の何ヶ月か・・。最後の数ヵ月には写真も残してありません。カメラを向けられなかったのです。

それでも、あの半年があったから、私はみつこさんをきっぱりと送り出してあげることができた。私たち残された者が覚悟を決めるための半年だったのだろうと思います。

みつこさんにとって、フェルガードはとても意義がありました。
最後に試すこととなったフェルガードAに関しては、病気の悪化と重なってしまったため意味のないものとなりましたが、2008年から2009年にかけてのフェルガードの効果には目を見張るものがありました。そのことはいつか必ずみつこさんの遺産としてきちんと報告したいと思います。


さて、今日はよしおさんにデイを休ませて病院へ連れて行きました。
月曜日から鼻水が垂れており、直に発作のような喘息のような咳がでるようになりました。熱は微熱、37度近いところです。まだ食欲はありますが、慌ててPL顆粒を続けて飲ませていたら、ふらふらになってしまいました。レビーだってことを忘れておりました。

今朝、トイレに立った時に足元がふらつき頭をトイレのドアにぶつけてしまいました。本人があまりパニックになっていないのは幸いです。恐らく食欲があることから、気分はそんなに悪くなさそうです。心臓のどきどきだったら、すぐに命の心配をしてパニックになりますが、風邪だと「寝ていればいい」という発想になるようです。

それでも嫌がらずに病院へは行きました。抗生剤の点滴と投薬を受けて帰ってきました。実は入院させてもらった方が家で看ているより安心かと思ったのですが、「ベッドさえ空いていればいいですよ」と言われたのですが・・・本人の「家がええ」の言葉に今回は諦めました。

もうひとつ、よしおさんで気になっているのはお下のこと。普通のパンツを使用していますが、毎回パンツが汚れます。お尻の後始末が悪いのです。介助なんて、とんでもない(本人にとって)ことなので、清潔という点からもリハパンに切り替えていこうともくろんでいます。


今日のなんくるカード
---------------------------
ティーダの心

まんまる 太陽 わたしの心
ティーダ 輝く いつまでも
明るく 強く まわりを照らす。


   *ティーダ:太陽
関連記事

月曜日のデイの連絡帳に「デイにつくとすぐに胸がドキドキするとおっしゃったので、そのまま休んで頂き、お風呂はやめました。しばらく休むと落ち着かれましたが、午後からは鼻水が出ていました。」と書かれていました。帰って来た時も鼻水が足れていました。

夕食後まで待たずにすぐにPL顆粒を飲んでもらって休んでもらったのですが・・・・食欲旺盛で熱はないようですが、鼻水は一向に止まらず、今日も引き続き薬を飲ませていますが、咳も酷くなり、このまま治まりそうになくなってきました。

咳はもともとアレルギーっぽいので、喘息ぽくなってきました。明日はデイを休んで内科受診する予定でいます。インフルエンザの予防接種は早めに済ませていて幸いです。

今日はケアマネさんの定期訪問日でもあり、年末年始のデイが休みの間の自宅での入浴介助などお願いしました。家での入浴・・・広い家に一人暮らしなので、どうしても深々と冷えます。風邪をひかないようにできるでしょうか。

今の状態で施設入所は考えていないけれど、少しづつ在宅が危うくなってきているのは事実なので、対策として、ショートの間隔を詰めていこうと思います。現在月1回、3泊4日なのですが、これを3週に1度にしていこうと思います。2月までは予定が決めてあるので、それ以降ということになりますが。

予定は未定で、みつこさんの時のように、長いスパンで何かを考えていると、足元からがらがらと崩れていくこともあります。変化があれば急遽対応できる心の余裕を持っていた方がいいかもしれませんが・・・。何かそれも寂しいですね。


今日のなんくるカード
---------------------------
わらびがみ(童神)

真っすぐに 見つめる瞳は
素直がいっぱい 愛がいっぱい
わたしの心は わらびがみ


   *童神:幼子は神のような、まっさらな心を持っていること
関連記事

よしおさんは水木は2日続きのデイですが、今週の水木は2日とも外へ出る行楽でした。出先から直送されてくるのですが、午前にお風呂に入り、昼食後すぐに外へ出る行楽はかなりよしおさんにとってはハードだと思うのですが、今回嫌がらず2日とも参加したようです。

1日目は市内にある小さいお城で、お抹茶とお菓子を頂き、2日目の昨日は、ちょっとだけ遠出をしてもみじ狩りだったようです。外は風が冷たいので、もこもこブルゾンを着せて正解でした。

と、2日は無事お出かけをしてきたよしおさんですが、今日は朝から「床屋へ連れていってもらえないか」と言われていたので、早速急でしたが、行きつけの床屋さんに予約電話をしてみました。何しろ、よしおさんが自由に動ける日は火、金、日ですが、混み合う日曜日と床屋さんの休日の火曜日を除くと金曜日しかありませんから、今日ダメだと1週間先になります。

運よく午後2時半なら空きがあるということで予約ができました。お昼ご飯の時にそのことを言うと、何と、変な顔をして、「胸がどかんとしたから、怖いで、うちで2~3日寝とりたい。」と言い出しました。

実のところ、ここのところカレンダーに1日おきくらいに、「胸がどかんとした」とか、「歯がどかんと痛かった」とか書いてあるのです。実際はどういう状態を言っているのかは不明です。私が脅して以来、電気毛布も切っていますので、胸が熱くなり過ぎてそうなるということではなさそうです。もしかするとみつこさんの死から自分の死を連想しているのかな、それがストレスになっているのかなという気もします。

一抹の不安はありますが、私が不安がれば本人はそのまま死にそうになってしまうことでしょう。「大丈夫だから」、「今何ともなければ大丈夫だから~」となだめて、床屋へは出かけて行きました。

少しづつ衰えや不調が目立ってきたよしおさんですが、どこまで在宅でやれるのかな? これまでもデイに楽しく行ける間は在宅で援助すると決めていたけれど、ある日突然行けないようなことがおきることもあれば、じわじわと行けない日が増えてくる可能性もありで、線引きは難しそうです。

よしおさんの心の底に流れているのは、死への恐怖だと思うけれど、認知症だと死への恐怖が薄れる点が良い点とか言われるけれど、それってどうだろうか? 重い認知症でほとんど言葉を話せなかったみつこさんですら、「怖い」と表現していました。よしおさんはそこまで認知症がひどくはないけれど、それでも認知症で、意識としてはとても曖昧模糊です。それでも、ちょっとした体の不調を「死ぬようで怖い」と表現して、自分の死への恐怖心を語っています。認知症であるだけに、余計に本能的な恐怖心がもろに出ているようにも感じるのです。

やっぱり、認知症であって良いことなんて何もないと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
チャンス

チェンジは チャンス
今がちょうど その時だ
勇気をもって レッツラゴー!

関連記事

よしおさんが、日記がわりに毎日記録しているのが、予定表のカレンダーです。
ここのところ記録してあるのは、毎度の食事と自分の体調です。歯が痛かったとか、胸がどかんとしたとか、私が電気毛布を強にすると危ないと言ったとか、etcです。

そこにこんなことが書いてありました。
自分が死ぬ夢を見た。これは正夢である。
正夢であるというのは、もうじき自分が死ぬと信じているということでしょうか。たとえ100歳まで生きても、ひと桁しかないわけですから、それももうじきの範疇に入るのではないでしょうか。死を身近に感じて、悟りを開いた境地に達せられるかどうかは人により様々なのでしょう。まだまだ悟りの境地には達していない、よしおさんから見て若輩ものの私には、よしおさんの気持ちは推し量りかねます。

よしおさんは、よる年並みか、死をとても意識しています。
母親が何歳で、父親が何歳で、弟たちが何歳で、みつこさんが何歳で没したかがカレンダーの下の方に書いてあります。そしてお念仏も書いてあります。みつこさんの遺影に手を合わせて、念仏を唱える時も、明らかに自分の為のお念仏という感じがします。

みつこさんの死をきっかけに、自分の死をとても身近に感じているのか、或いは恐怖を感じているのかその両方なのか、私はやっぱり、超高齢者のその気持ちを共感しようとする優しさを持たないといけないのだろうなあと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
ごほうび

自分に 必ず ごほうびを
やる気が どんどん わいてくる
嬉しい ごほうび 用意しよう。

関連記事

この頃、よしおさんの身体的衰えを感じます。
いくら元気と言っても、やはり90歳を超えていますから、じわじわと衰えてきていることは事実です。そう感じる理由のひとつに身支度に時間がかかるようになったことが上げられます。

デイへ出かけるのに以前は45分前に起こすと、十二分に時間があり、着替えて準備OKの状態でしばらく待っていてもらったものですが、最近は全然時間が足りません。洗面、着替え、トイレ、食事、ひとつひとつの動作に前以上に時間がかかるようになりました。やがて、ひとつづつの動作が不能になる日もくるかもしれません。今はまだ待ってよ~っと言いたいです。

寒がりなので、11月に入る前から、電気毛布を使用しています。何でもそうなのですが、かーーーっとやるだけやって、ぱたっと止めるというのがよしお方式なのですが、電気毛布もそうで、最高温でかーーーっと温めて、熱くなってしまってから切るという方式です。今のこの季節で中部地区で、電気毛布を最高温にするというのは、どう考えても体に悪いです。

今朝、トイレから戻ってくると、何やら深刻な顔をしています。痔でも再発したのかと思いきや、「今日、デイを止めていかんかしら?」っと言います。
どうしたの?」っと、半ば痔かな?っと思いつつ聞いてみると、
夕べ、胸がどかんとしたから、今日は寝とりたい。」というお答えでした。
電気毛布を強にしていたら、心臓がドキドキしてきてもしょうがないよ。」っと答えると、
そうかね。」っとあっさり引いてくれました。引いたというより、心臓発作じゃないと思って安心したのかもしれません。デイへは出かけてくれました。

今年の初め頃にも、同じことを言っていました。進歩がないですけど、まあこんなもんかもしれません。よしおさんも少しづつ、電気毛布の強過ぎるのは体に良くないとは分かりかけていますから、多少は進歩しているとも言えそうです。


今日のなんくるカード
---------------------------
ゆんたく

おしゃべりしましょ 語りましょ
ゆんたく ユイユイ ゆかいだな
心も軽く 大きな和(オキナワ)。


   *ゆんたく:おしゃべり
関連記事

もうこの3年間、みつこさんとは離れて暮らしていたよしおさんですから、みつこさんの死にはワンクッションあり、強烈なショックは起きないように思われ、ほっとしています。普通に食事を摂り、デイに週4回出かけ、家に居る日はひがな1日眠り、同じ物を食べ続けています。

同じ物を食べ続けるというのは、以前からありましたが、最近また一段と激化しています。たとえば、今は「瓶詰めのうに」です。小さめの瓶ですが、ほぼ1日1瓶開いてしまいます。いいのでしょうか。

それから、柿です。果物ですから、あまり問題はないでしょうけれど、小さな柿を2,3個皮をむいておくと、あっという間にからっぽです。そして甘いもの・・・甘いものが欲しくなると、お茶にお砂糖を入れて飲んでいます。

体調の変化としては・・・咳が出てきました。昨年もしつこい咳に悩まされていましたが、どうやら寒くなってきたのと同時なので、冷たい空気を吸い込むと出るアレルギー的なものだと思います。

それから湿疹、みつこさんのことに一生懸命になっている間、よしおさんを放置していたので、すっかり乾燥から来る皮膚の痒みを掻き毟ってしまいました。掻き毟るのと薬をつけるのとおっかけっこで、こうなると「掻く→悪化する→痒い→さらに掻く」の悪循環で、断ち切るのが難しくなってきました。

寒くなると、電気毛布設定 high が始まりました。「そんなことしてると心臓に悪い」と脅しましたら、忘れないように、そうカレンダーに書きこんでありました。何しろ、まだ11月の初めなのに、アンダーシャツ+メリヤスシャツ+ネルのパジャマ+電気毛布(高温)+羽毛布団って、これはあんまりだと思う。ほんとの冬にはどうするの?

とまあ、こんな生活をしています。何だか欲も枯れて、寂しい生活ですが、自分の身のことを自分でできていることは、何にも代えがたい幸せだと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
夢はかなう

あきらめないで 思ってみよう
夢は かなう 必ずかなう
宇宙が あなたの 応援団。

関連記事
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking