2010 / 03
≪ 2010 / 02 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2010 / 04 ≫

月1のみつこさんの内科受診につきそいました。
今日は病院が空いていたので、看護師さんと話をする時間がたくさんありました。

と、施設の見知った顔の方々が病院の階段を下りていらっしゃいました。看護師さんふたり、ユニットのチーフ、管理栄養士さんの4人です。外来つきそいの看護師さんと合流してしばらく皆さんで話込んでいらっしゃいました。どうやら、みつこさんの隣のお部屋の住人さんが入院されたようです。嚥下が悪く、食べるといつもむせて苦しそうにしていらっしゃいました。恐らく肺炎になってしまわれたのでしょう。

先回の受診の時にお聞きした、みつこさんと往診を一緒に受けていらっしゃった住人さんは、まだ入院していらっしゃるのかと思ったら、様態がはかばかしくなくて、病院で出来る事は無くなり、施設での看とりを希望して退院され、5日後にお亡くなりになったそうです。亡くなる前には、ご家族が住人さんのお好きだった食べ物をお持ちになり、管理栄養士さんが調理して食べれる形態にして、食べて頂いたそうです。

ほーっとため息の出るお話ばかりでした。あっけなくお亡くなりになってしまわれる方が多い中で、もうダメかもしれないというところをくぐり抜けてきたみつこさんは、あれから2年半頑張ってきました。まだもうちょっと頑張るのか、それとも明日のことはわからないのか、それはみつこさんだけが知っているのでしょう。

やっぱり、人は自分の逝く時は自分で決めているのだと思います。どんなに危なっかしくても、その時でない時には逝かないし、まさかっと思っても、逝くと決めている時には逝く。きっとそうなんじゃないだろうか。

今日のみつこさんは、最初から最後まで顔を上げてくれませんでした。朝は時間的に朝食欠食で、高カロリーゼリーとかもろもろを食べ、お昼は食べられないことが多く、夜もぼちぼち、それプラスエンシュアリキッドというところで、体重もじんわり落ち始めました。きっと段階を踏んで、少しづつ衰えていくのでしょう。

あっけなく逝ってしまうと、私が寂しがるのをわかってくれているのでしょう。


今日のなんくるカード
---------------------------
ブラボー

ブラボー! 私の人生に
ブラボー! 私の魂に
ブラボー! 今日の一日に。

関連記事
スポンサーサイト

今日のみつこさんは相変わらず眠っておりましたが、時折目を開いて、目を開いた時には満面の笑みを浮かべてくれます。これは、すでに赤ちゃんに戻っているということではないでしょうか。目の中に見知った顔をみつけて、にっこり笑う、そんな感じです。その笑顔が余りにも無邪気な笑顔だったので、私もつられて同じような笑顔を返しました。幸せ返しってところです。

今日はマッサージの後、みつこさんが車イス上で眠っているので、散歩に出るのも止めて、私も隣でみつこさんのベッドに横になりました。と、途端に意識不明なくらい睡魔に引き込まれて、おやつの時間も過ぎてしまい、びっくりして飛び起きました。

今日もお昼御飯が食べれなかったそうで、昼食後薬も飲めてなかったので、おやつの前に薬を飲ませてもらうことになりました。食事拒否はあるけれど、拒薬はないのです。これも不思議です。目を閉じたまま、ゼリーで溶いた薬をスプーンでじゅるじゅるっと口へ運んでもらい、ごっくんと飲んでいます。

家では、デイのない日のよしおさんが、日がな1日眠っています。こちらは起こせば起きるところがみつこさんとは違います。食事が食べれないということも全くありません。
ご飯ですよ。起きて下さい。」と揺すると、
あ~~い」という幼いお返事です。

何時の間にか、私はふたりの子持ちになってしまったようです。反抗期を過ぎた子供たちです。子育て経験のない私に、神様が特別に与えて下さったのかしら。


今日のなんくるカード
---------------------------
受け入れる

勇気を持って 受け入れる
相手を信じて 受け入れる
自分を信じて 受け入れる

関連記事

夜最後の見回りに行きますと、よしおさんはエアコンを入れた部屋の中で、綿のシャツとアクリルの保温シャツとネルのパジャマの上にブルゾンを羽織った格好で、電気毛布の中にもぐってうつぶせの格好で週刊誌を読んでいました。下半身は綿のズボン下ひとつに裸足なのにです。

最初は「寝る時にはブルゾンは脱いで下さいよ。」とだけ声をかけたのですが、どう考えたって、そのまま寝てしまうに決まっています。思いなおして、「エアコンも入っているから、今脱いでください。」と起こしてブルゾンを脱いでもらいました。「忘れちゃうでしょ?」っと言うと、「えへぇ~」と素直に応じてくれました。

現在よしおさんはフェルガード100M1包とハーフタイプ2包を飲んでいます。GA40mgで好調を保っています。以前はGAが30mgを越すと、ハイな状態になり危なっかしかったのですが、この頃それがありません。転倒しやすい状態も出てきているので、GAを多少増やすのも、その対策のひとつです。

緩やかに陰の方向へ向かっていると考えていいのだと思います。陰の方向と言っても比較の問題で、非常に陽というか興奮しやすい状態だったのが、その興奮が少し落ちてきたと言う事です。不安と拒否は時たまあるものの、易怒は久しく見られません。「よしおさんが怒る」という不安から解放されたことは、介護者の精神衛生上非常に大きなプラス面です。


今日のなんくるカード
---------------------------
すべてはうまくいっている

マイナス プラス まるごとオッケー
すべては うまく いっている
すべっても うまく いっている。

関連記事

よしおさんをお迎えに行き、家に帰ってからわかったことですが、やはりよしおさんは今回が特別なショートであると言う事がわかっていませんでした。

カレンダーをしげしげと眺めてから、
よ「何日老人ホームへ行っとったね?」と聞いてきました。
パ「今回は1泊だけよ。」と答えると、腑に落ちないふうで、
よ「1泊だけかね?」と更に聞きました。恐らく1週間前の3泊4日のショートステイと混同してしまっているのでしょう。

ショートに出かける時には、1週間前のことは忘れて、今回も定期で行っているショートステイとまちがったのでしょう。まちがっているのをいいことに、知らんぷりして素知らぬ顔で連れて行ったというわけです。

そう言えば、今日お迎えに行った時、「部屋に請求書が置いてあるからお金払わないかんでしょう?」と聞きました。「請求書?」ってびっくりしたのですが、毎回の連絡のお手紙が置いてあったのです。

家に帰ってからも、「ショートはいくらかかって、どうやって払っているのか。」と聞き直されました。
適当な費用を言うと「安いな。」と言うので、介護保険で補てんされていることを説明しました。すると、「そういういい制度があるのかね。」と、納得してくれたようでした。(その場限りではありますが)

みつこさんもデイから帰ってくると、職員さんに「おいくらですか?」と聞き、私に向って「ちゃんと払っておいてね。」とよく言っていたものです。以前のみつこさんも、今のよしおさんも、理解できない頭で、何としても理解しようとする意気込みはすごいものがあります。説明する方はエンドレスな質問ですから、とても疲れますが、当人たちは必死なのだろうと思います。

認知症になってだんだんと子供に帰って行くことが、単純に子供に(真っ白な子供のような純粋な存在に)帰ることならばよいのですが、そうではないところにお互いの苦悩があります。

いずれにしても、これからは、出来る限り自分の予定を早めにたてて、予定のあるところへ月1定期のショートを持っていく工夫をすべきだと感じました。


今日のなんくるカード
---------------------------
チャレンジ

チャレンジしよう 気になることを
わくわく冒険 今のうち
これで あなたも チャレンジャー。

関連記事

今日は私の個人的な予定がお昼前から夕方遅くまで入っていたので、思いきってよしおさんにショートへ行っていてもらうことにしました。まだ、私の個人的理由でよしおさんにショートを利用してもらったことはありませんでした。初挑戦です。

昨晩は新しいヘルパーさんがいらしていて、話す機会を失いました。夜見回りに行った時にはすでに布団をかぶって雑誌を読みふけっているところだったので、またもはばかられて言いそびれ、もう「当たって砕けろ」でいいやっと、気を大きく持ち直しました。と言っても、カレンダーには記入してあるので、恐らくそれは見ていると思うのです。

今朝になり、自分の心の中の不安な気持ちは排除して、自信を持って、

パ「今日は老人ホームへ行って1泊してきて欲しいのですが、お願いします。」と言うと、
よ「1泊かね?」「ありがと」??!!と奇妙な、嬉しい反応をしてくれました。

1泊にしてくれて、ありがとう」、なのか、「手配をしてくれて、ありがとう」、なのか、よくわかりませんが、どちらにしても、「ありがとう」と言って出かけてくれたのですから、これ以上望むことはありません。

やはり、早くから(家をあけられるようになるとすぐに)ショートを利用し、しかも1泊から2泊と段階的にゆっくり増やしてきて、本当に良かったと思います。施設スタッフにも言われましたが、段階的に時間をかけてショートの利用をじわじわと増やしてきたからこそ、今はどんな時に何泊になっても、あまり問題なく対応できそうです。

無計画で行き当たりばったりのみつこ&よしお家ですが、ことよしおさんのショートだけは、用意周到が上手く言った例だと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
ブラボー

ブラボー! 私の人生に
ブラボー! 私の魂に
ブラボー! 今日の一日に。

関連記事

今迄週2回各1時間のヘルパーさんは、ずっと同じひとりの方が担当して下さっており、すっかり慣れて何もかもお任せで、あうんの呼吸で出来ていましたので、楽でした。

でも、なかなか時間の都合がつかないことがあるようで、先日新しいヘルパーさんを同行され、「都合がつかない時には交代してもらいますからよろしく」と宣言されました。

今日は、早速新しいヘルパーさん、おひとりでの出番となりました。
ちょっとのろいかもしれませんが、この前見せて頂いたので、大丈夫だと思います。」とおっしゃるので、心配しつつもお任せ致しました。

さて、終了時間に行ってみますと・・・。
よしおさんの様子は何となく違っていますし、お薬もまだ飲まないで残してあります。それにファンヒーターがついていません。寒い部屋で、あれもこれも詰め込まれたヘルパーさんだけが、かっかと熱くなっていた模様です。よしおさんは寒くても何も言わずにいたようです。

ちょっと反省です。よしおさんの調子の良さに慣れ切ってしまいましたが、変化がある時には用心しなくてはいけません。初日くらいはついているべきだったなと思いました。ヘルパーさんの性格にもよります。今日の新入りヘルパーさん(結構年配なのですが)は、私と似た感じで、押しの強い人ではなくて、どちらかというと、引けてしまうタイプです。こういう人の時はフォローが必要です。

大丈夫任しといて」という、どちらかと言うと強引タイプの人は、ほんとにお任せで大丈夫です。以前その手のヘルパーさんもいらして、その方はよしおさんとはすっかり友達で、公私混同はありましたが、どんなことでも、「いいよ、いいよ、やっとくよ」と、猫の世話まで勝手でてくれて、仕事も手早かったのでした。

どういうタイプのヘルパーさんが助かるかと言えば、私との相性というより、よしおさんとの相性を一番に考えるべきだろうと思います。今日のヘルパーさんは、後押しが必要かと思います。でも、そう言う人はきっと素直に私の望む方向を受け入れて下さる人だとも思います。私との協力で、よしおさんのお守りのベテランになって頂こうと密かに策を練ろうと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
天然波の力

あなたは輝く 天然波~(てんねんぱ~)
星から天波 ハートから念波
光あふれる 十字形 ピカッ!

関連記事

今日は訪ねて行った時から、マッサージをして、それが終わって、おやつになって、私が帰る時まで、ほとんど目を開いている時がありませんでした。

マッサージ中も眠っていましたが、終わってからも散歩をするにも、あまりに良く眠っているので気の毒な気がして、お部屋で車イス上で眠らせてあげました。しばらくすると、ふっと目を開いて、きょろきょろするので、おやつが食べれるかなと外へ出て、おやつを出してもらいました。

ところが、意思表示ありで、「要らない」と言われ、結局シュークリームをほんの一口口へ入れたけれど、それで終わりになりました。どうしても眠いようで、目を閉じてしまいました。

時間もきてしまい、今日は諦めて帰ろうとした時に、いつも詳しく説明して下さる介護士さんが、今日も説明して下さいました。

今日のお昼はとっても調子がよくて、私がふたりの食介していて、もうひとりの人の方へ気を取られていたら、みつこさんが欲しいものを自分でとろうとしても届かなくて、私の袖をひっぱって、『あれ、取って!』というように表現されました。食事も良く食べられたので、満腹で眠いのだと思います。心配ないですよ。」と教えてくださいました。

私が接している24時間分の1時間では、わからないことの方が多いかもしれません。謙虚に、おおらかにお任せの気持ちが必要かもしれないと思いました。


おまけ
今日はカウンター席で、みつこさんの隣でリクライニング車イスの上で食事介助を受けていたのは、帰宅願望があって、いつもカバンを下げて、「○○子さんに迎えにきてもらって」と誰彼となくお願いしているお婆ちゃまでした。90歳を過ぎていらっしゃるので、お元気そうだったのに、簡単に急変されるのでしょうね。もう一度お元気になってねと心で話かけました。


今日のなんくるカード
---------------------------
虹の天使

虹の天使を ひいたなら
天がオッケー 出している
今の調子で 大丈夫!

関連記事

循環器科の受診日でした。
今日は1ヵ月程前に受けた心電図他もろもろの検査の結果も出ていました。
心筋梗塞の痕跡としての、心電図の波形などはありますが、心筋の壊死した部分を除く他の部分は働きが悪くなってはおらず、良い状態で保たれているということでした。心不全の傾向もみられないし、特別に良い生活をしている訳でもありませんが、 上出来だと言えます。ショートやデイで過ごす時間が増えて、食生活がきちんとしている時が多くなったことは上げられると思います。

問題の咳ですが・・・やはり、レントゲンや胸部CTにも映っていました。右胸下部にもやっとした白い部分があります。循環器の先生のおっしゃるには、気管支炎のようなものではないかと思うが、呼吸器科の受診を希望するならば、回しますとおっしゃるのですが、治療としては、恐らくステロイドのネブライザーを使うことになるのではないかというお話でした。

そんな、呼吸困難に陥る程、ひどいわけでもないし、第一本人が気にしていないので、今からステロイドを使って抑える程とは思えませんので、もう少し現状のままで自己努力をして、少なくとも次回診察までは様子をみることにしました。


今日のなんくるカード
---------------------------
チャレンジ

チャレンジしよう 気になることを
わくわく冒険 今のうち
これで あなたも チャレンジャー

関連記事

連休明けの今日は、真っ先に歯医者さんの予約を取ろうと思いました。すると、夫が「どたきゃん専門だから、確認した方がいいのじゃないの?」と言うので、さもありなんと、よしおさんに聞いてみることにしました。忘れているような感じもあるのだから、早まると今度は歯医者さんにお詫びをすることになります。

パ「歯が痛いって言っていたけど、歯医者さんへ行きますか?」と尋ねますと、、、やっぱり、
よ「まー、今、痛ないで、えーわ。」ですって。

まあ、またそのうちに、「歯が痛い、心臓が悪いかしら?」なんて言い出すことでしょう。
ほんとに世話の焼ける爺さんですが、妄想を起こさないでくれているのだから、おりこうさんということにしておきましょう。


一方、みつこさんはここのところ好調が続いていましたが、
今日はマッサージなので、寝ているみつこさんを起こして部屋の方へ移動していると、介護士さんが説明に飛んできてくれました。
昨晩眠れなかったという申し送りがあったので、そのせいなのか、今日はぐてんぐてんに眠っていらっしゃいます。たとえば、トイレ介助の時も眠くて立っていられない。食事も食べられないし、片目開いて、しかも白目で意識不明というくらい眠っていたりしています。」と、リアルに説明して下さいました。マッサージが終わったら、エンシュアを飲んで、昼食後薬を飲んで欲しいということなので、了解しましたとお礼を言って、部屋に戻りました。

それでも、先生を待っている間に、突如にかっと笑って、目を開いて、何と言ったと思います?
お風呂入った?」って、私が聞かれてしまいました。
お風呂? 夕べ入ったよ。」と答えてから、爆笑してしまいました。みつこさんも一緒に笑っていました。不覚にも、みつ子ワールドの中へ引き込まれたわけですが、楽しい一瞬があれば全てよしです。

その後も眠りの世界に突入で、見た目はとってもごっついけど、優しい介護士のお兄ちゃんが、眠っているみつこさんを起こしては、エンシュアをどうにかコップ1杯飲ませて下さいました。

彼はよしおさんに、「風呂で私のことを大きな声でどなって叱った。」と言われてしまった介護士さんで、その時は「ショックだー」と言っていたのですが、見た目が縦横共に大きいので、ごっつく見えますが、とっても優しいということが、みつこさんの介助を見ていてもわかりました。

男性介護職の人は女性と比べて少なく、みなさん、それぞれにタイプは違いますが、共通して底に流れているのは人に対する優しさだと感じます。認知症で訳のわからないことを言ったりしたりする人たちの、お下の世話を始め、たいへんなことばかりなのに、さりげなく優しくこなして、それでこそプロだと感じ入ります。見習うことが一杯あります。


今日のなんくるカード
---------------------------
聞き耳頭巾

よくよく聴いて 耳澄まし
感じてごらん 心のままに
聞き耳頭巾は 聞き上手。

関連記事

パ「連休が明けたら歯医者さんの予約をとるけど、それまで待てそうですね?」と聞いたら、
よ「私、歯がどうしたと言ったね?」って、そうですよね、昨晩のことはもう覚えていないものね。
よしおさんも一瞬、一瞬を生きる人になってきたようです。

パ「夕べ歯が痛いから歯医者に行きたいと言っていたのよ。」と答えると、
よ「歯が欠けてる。いつも痛い訳じゃないから待てるよ。」と言う答えでした。

欠けているのか、補填物が取れたのかは定かではありませんが、穴が開いているのは事実のようです。連休明けに電話をして、なるべく早い時点で治療をしてもらおうと思います。


みつこさんは、訪ねて行くと、おトイレ中でした。ほどなく出てきて、しっかり介護士さんにお礼を言っていました。目がぱっちりだったので、一旦お部屋に行って、身支度を整えました。すると、こんな笑顔が見られました。
笑顔100321

その後、わんこ(の縫いぐるみ)をお伴に連れて散歩に出ました。膝かけをかけると、それでわんこを包んでいました。
わんこと100321

途中くらいから、眠気にまけてしまいましたが、ユニットに戻って、カウンターに座ると、またふっと目を覚ましたりするので、気を利かして早い目に介護士さんがおやつを出して下さいました。

今日はお彼岸の中日ということで、きなこと小豆のおはぎが出ました。小さいのを2個完食しました。

パ「今日はお彼岸だから、おはぎだよ。」っと説明すると、

み「好きだよ」、そして一口食べて、「美味しいね」と言ってくれました。

みつこさんの口から、まともな言葉を聞くと、胸がじーーんとしてしまいます。こういう受け答えって久しくできていませんでしたから。眠気は相変わらずですが、多少眠りが浅いようで、起こすと反応があります。そして、覚醒している時の言葉がはっきりしてきています。悪化にブレーキがかかってきているようで、嬉しいです。


今日のなんくるカード
---------------------------
だからよー

なんでかねぇ、だからよー
上等さぁ
追いつめず 追いこまず ゆるやかに。


   *だからよー:ものごとをうまく転換することば
関連記事

夕御飯の後、唐突に始まりました。
よ「今度歯医者へ連れてってまおうか。」(歯医者へ連れて行ってもらおうか)と言うので、おぉ、やっと来ましたかと思いつつ、
パ「歯が痛いの?」と分かり切ったことを聞いてみました。
よ「この前から、胸がどっかーーんと痛いから、心臓が悪いのかしらんと思っとったけど、考えたら、どうも歯が痛い。

最近はシーシーはーはーと爪楊枝でつつくことが頻繁なので、恐らく詰め物が取れているのではないかと思っていました。カレンダーには頻繁に、「一瞬、左の奥から2番目の歯がどっかーんと痛かった」とか書いてあります。

大体年末から、歯が痛いと言って、セデスを飲むことがあり、お正月休みに大騒動にならないかとヒヤヒヤしたのでした。痛み出してから3ヵ月以上経過していますから、相当ひどいことになっているかもしれません。でも、自分で言い出さない限りは無理に歯科へ連れていくことはできませんから、今回は待っていましたと言う感じです。

まあ、歯医者さんというのは敷居が高くて、私自身も昨年虫歯の治療をした時、我慢に我慢をして、やっと出かけたら、「どうして、もっと早く来ないの。」と叱られたのでした。よしおさんのことは言えませんね。
連休明けに予約を取ろうと思っています。


今日のなんくるカード
---------------------------
めんそーれ

心を込めて めんそーれ
いつも笑顔で めんそーれ
ようこそ 地球へ めんそーれ。


   *めんそーれ:いらっしゃい
関連記事

今日、よしおさんを迎えに行きました。
今回のショートでは、ふきんたたみ、クレープ作成(焼いてあるクレープに具を載せて巻く)、音楽の会参加など、結構行事に参加できたようです。慣れたおかげでしょうか、ショートへ行くことの拒否は全くありません。

唯一気になったことは、帰りの荷物の中にシェーバーが入っているか確かめろと再三言われたことです。他には貴重なものは何も持っていないからということもありますが、シェーバーだけはとっても気になるようです。私に確かめさせても、まだ自分でかばんを開けて調べていました。でも、それ以上に妄想に発展するようにも見えないので、気にすることはないように思います。(あまり自信がないけど)

タイトルの「予想外の結果」というのは、屋根の修理のことです。どのタイミングでよしおさんに話すのかということを、事前に夫と相談しました。よくよく考えたのですが、あまり早めに話しても、意味もわからないだろうし、家に着くまでに忘れるということもあるし、結局、家に着けば嫌でも目に入りますから、もしかしたら怒りだすというリスクも踏まえた上で、門の前について車を降りる時に説明するということにしました。もしもその時点で怒りだしたり、何故留守中に始めたかなどと絡まれた時のことも想定しました。値段も実際の値段の1/5程で、夫と口をそろえることにしました。

門の前についてみますと、工事の車は停まっていますし、屋根の上にははしごが載って、人もいます。よしおさんはすぐに気づき、「あれは何をやってるんだね?」と聞きました。私はとっさにドキドキしないように、心を落ち着けるシミュレーションもしておきました。

気持ちを落ちつけて、「瓦をとめている漆喰がぼろぼろになって、雨が入っているところがあったので、漆喰を塗り直してもらっています。後、1日2日かかります。」と説明しました。よしおさんは、それに対して、「そうかね」と一言発したきり、それ以上何も言いませんでした。工事現場を見に行くとも言いませんでした。全くの有難い拍子抜けです。別に怒ったわけでも、機嫌を悪くしたわけでもありません。

昨年の春ごろからの下水工事に関しては、最初から嫌になるくらい説明を求められ、工事が始まってからも、やり方について自分の思うようにしようと、実際に工事をしている人にかけあおうとしたり、ハラハラすることの連続でした。それを思うと、この1年で悟りを開いたのか、はたまた諦めたのでしょうか。大きな心の変化(退化?それとも進化?)があったことは事実です。


今日のなんくるカード
---------------------------
テーファー

天からふぁあと ふってくる
笑いの天使が ふえてくる
あなたも りっぱな テーファー族。


   *テーファー:ユーモラスな人
関連記事

今日もいつもと同様、マッサージの間は目を閉じていましたが、終わってからパッと目を開き、開いた時に割合はっきりと話をしましたので、よしおさんのところへ連れて行くことにしました。よしおさんはみつこさんが眠っていると、会いたがりません。「寝てるならええわ」と言います。

今日は逆で、みつこさんをショートへ連れて行くと、「お父さんは今ベッドへ入ったばかりだから、おやつに起こすのをもう少し後にしようかと思っていたところ」と介護士さんがおっしゃいました。でも、よしおさんは起こせば起きるので、せっかくみつこさんが目を開いているので、お部屋に強硬突入することにしました。

お部屋に入って、何度か呼びかけると、よしおさんはベッド上にむくっと起き上がって、みつこさんの顔を見ると嬉しそうにしました。みつこさんはしっかり目を開いていて、ふたりはきちっと向き合って見つめ合うことができました。こんなことは何ヵ月ぶりでしょうか。

お母ちゃん、今日は元気そうだね」とよしおさんが言いました。やはり嬉しかったようです。「このごろお母ちゃんは元気がないけど、どうしたんだろう?」と介護士さんに話していたそうです。やっぱり気にしていてくれたのかなと思うと、胸が熱くなります。

みつこさんも、よしおさんも落ち着いていて、こういう時が常にあるわけではないので、貴重な、神様からのプレゼントのような至福の時だと思い、大切に味あわせてもらいました。


今日のなんくるカード
---------------------------
ティーダの心

まんまる 太陽 わたしの心
ティーダ 輝く いつまでも
明るく 強く まわりを照らす。


    *ティーダ:太陽

関連記事

実は今日からよしおさんの家の屋根かわらのしっくいの塗り直し工事をしています。ショートに行っている間中には終わらないので、帰ってくる時点では本人に話さなくてはなりませんが、今は言ってありません。

どうしたものかと思いましたが、相談すれば工事は拒否したことでしょう。何もしたくないし、自分で適切な判断することも難しいからです。そうなれば、私が判断をして、良かれと思う方向で決定し、よしおさんを説得するというのがあるべき姿だと考えました。

1年前の私は、まだ、よしおさんが怖くて、自分のことですら自分で決定することを恐れていました。歯の矯正治療を始めて1年になりますが、これを決心することは私にとってはとても大変なことでした。何故なら、相談すればよしおさんが反対するだろうから。90歳の父親が60歳の娘の歯科矯正に反対するからと言って決心できないとしたら、60歳の娘の方が超異常だと、やっと気づき道を開きました。

やってみれば、よしおさんは私が歯科矯正をしていることすら気づいていません。これはもしかすると入院手術ということが考えられたので、余計躊躇したという理由もあるのですが、それにしても私の態度こそ変だったと今は思えます。

さて、屋根の修理は、今日明日で、何と説明するかを熟考しようと思っています。もしも突かれるとすれば、何故、よしおさんが留守の時に工事を始めたかという点だと思うので、そのあたりの説明を考える必要があります。

・頭の上の工事なので、家に居る時だとうるさい。
・雨漏りを防ぎ家を守るためにはどうしても必要な工事である。
・工事が立て込んでいて、いつ始まるかはわからなかった。

とでも説明しようかな。


今日のなんくるカード
---------------------------
クリエーション

クリエーションは 楽しいよ
あなたも私も アーティスト
創造力は 宇宙の力

関連記事

よしおさんは今日から3泊4日のショート滞在です。3泊するようになって、3回目だと思うのですが、どうしても「2泊するのかね?」っと聞かれて、私は少し困惑ぎみです。3泊だから嫌だとは言わないのでそれは助かるのですが。「今日からショートへお願いします。」と言うと、「老人ホームかね?」と聞き返されるのも困惑の種ですが、だからどうと言う訳でもないので、ドントマインドでいきたいと思います。

ショート滞在日には、みつこさんの後で、医療マッサージを受けよう、そうすれば背骨のゆがみにも対応できると思って医師の同意書も頂き、用意万端にして、昨晩よしおさんにも伝えたのですが、なにしろ腰痛が良くなっているので、乗り気ではありませんでした。

今日ショートに着いてから、もう一度確認と思って本人に伝えたのですが、かなりの拒否反応が出ました。「まあええて」(もう、いい。)を繰り返し、「腰痛の予防になるから」と言ってみても、「まあ、腰痛にはならんわ。」「揉んでもらったら、後で腰が痛なるかもしれん。」とかなり否定的な言葉が出て来たので、急遽方針変更しました。

ショートへ来ることまで拒否が出ると困ります。よしおさんの生き方全て(と言うとオーバーですが)に対する後ろ向き傾向は一体どこから来ているのでしょう。これがレビーと関係あるのか、よしおさんの性格由来のものなのかはわかりませんが、兎も角、これ以上刺激するのは止めて、ハリの先生には「ドタキャン申し訳ありません」と謝りました。


さて、みつこさんの方ですが、
今日はマッサージの間中は一切目を開きませんでした、その後、よしおさんのところへ行った時も目を閉じたままだったのに、ユニットへ戻って、おやつが出てからしばらくすると、突如目を開き、おやつの桜饅頭とお茶も完食できました。
音楽療法

おやつの後、みつこさんのユニットで歌の会(音楽療法)が開かれました。懐かしい歌を一緒に歌いながら、鳴子を振ったり、たいこをたたいてリズムをとったりします。そこに集まったみつこさん以外の住人さんは、皆さん歌えて、手拍子もできました。みつこさんは場違いなんですが、スタッフのご好意で、参加させてもらいました。

眠ってしまうのではと訝ったのですが、意外や意外、歌を歌いこそしませんが、じっと耳を傾け、歌詞を眺めていました。手にもたせてもらった鳴子は上手に振ることはできませんでしたが、私が手を添えて振ると抵抗することなく一緒にやっていました。太鼓も触らせてもらいました。
1時間弱でしたが、ちゃんと参加できていて、刺激を受けている様子ははっきりわかりました。

まだ、完全に眠ってしまっていない能力があることがわかります。サプリだけに頼るのではなく、何かの形で脳への刺激を与え続けることも大事だとわかりました。その場に居合わせてよかったと感じました。


今日のなんくるカード
---------------------------
ニライカナイ

ゆかいな 神々 やってくる
幸せ持って やってくる
あなたの 未来は ニライカナイ


   *ニライカナイ:海のかなたの理想郷
関連記事

ゴムかけが功を奏して、顔の左半分は歯の隙間が閉じてきました。
右側はまだすきっ歯のままです。
そこで、右側だけゴムかけ続行。左半分はこれ以上歯が動かないようにワイヤーで固定しました。

以前に歯磨きの指導を受けてから、歯の汚れには気を使い、せっせと磨いていましたが、今日は色素沈着を指摘されてしまいました。恥ずかしいです。

どうしても夜更かしの毎日です。夕食後に何も食べない生活は我慢できず、ついお菓子をつまんだり、紅茶とかコーヒーを飲んだりしてしまいます。すぐに口をゆすげばいいのだけど、歯磨きに時間がかかるので、後回しになってしまいます。それがいけないのかな。
装置をつけてから8ヵ月が経ち、慣れが生じて、初めの頃ほど神経質ではなくなったのも一因かもしれません。心機一転しないと・・・。

顔の右半分がまだ治療中なので、受け口修正はもうしばらく見送りとなりました。


今日のなんくるカード
---------------------------
ブラボー

ブラボー! 私の人生に
ブラボー! 私の魂に
ブラボー! 今日の一日に。

関連記事

今日は私の息抜きデーということで、友人とコンサート鑑賞に行ってきました。

ちょっと変わったコンサートで、どういうもんだろうか?と楽しみだったのですが、

◆歌楽「べろ出しチョンマ」
   ~二十絃筝と語り謡いによる~


べろ出しチョンマというのは、千葉県に言い伝えのお話です。
時は江戸時代、身分制度の厳しかった頃、野良仕事をする両親と長松12歳とウメ3歳の兄妹のお話です。両親が野良仕事をしている間、ウメの面倒を見るのが兄長松の仕事です。しもやけが崩れて手当てをする時に痛がるウメのために、長松は眉を吊り上げ、べろを出す可笑しな顔をして、妹の痛みを和らげます。

ある朝、父は凶作で村人が苦しんでいるのを見かねて、年貢を減らしてもらうため直訴に出かけます。そしてそのまま帰らず、家族4人民衆の前で、全員はりつけとなり、やりで刺殺されることになります。怖がって泣き叫ぶウメの為に、長松は最期の時にも眉を吊り上げ、べろを出し、その姿勢で刺殺されます。

今でも、千葉では、チョンマ人形が売られているそうです。
どんな状況の中にあっても、誰かへの優しさを、思いやりを、忘れなかった長松のことが語り継がれているのです。

このストーリーの語り謡いも素敵でしたし、始めて聴く二十絃筝の音も素敵でした。
昔ながらの、お琴は十三絃です。こちらは日本音階ですが、二十絃になると西洋音階が出せます。もっと洋楽に近づくと言えばいいのかな。バスバリトンと良く合って、とっても迫力もありました。

バスバリトンは境 信博さん、二十絃筝演奏は山田 明美さんでした。


今日のなんくるカード
---------------------------
マブイ

すべての中に マブイ
ハートの奥に マブイ
マブイ感じて いのちはひとつ。


   *マブイ:魂
関連記事

【穏やかな笑顔】

今日は夫も一緒にみつこさんの面会に行きました。
ここのところ寝てはいるけれど、揺すると反応がある状態が続いています。
みつこさん、こんにちは~」と揺すると、目を開いて、一瞬怪訝な顔をしてから、にーっと笑ってくれました。夫のことも、何となく見覚えがあるなあと思ってくれたみたいでした。

施設の隣の牧場は今は菜の花が満開です。みつこさんを連れてお部屋に入り、ちょっとおしゃべり(?)した後、牧場が見える窓辺へ立ち寄ったりしながら、施設の中をぐるっと一周しました。
菜の花

ユニットに戻る頃には、また目を閉じてしまいましたが、おやつを出して下さったので、食べさせるのに挑戦しました。可愛いクリームパン1個とカフェオレです。

目を開いた時に、パッと1口と挑戦するのですが、なかなか口を開いてくれません。何とか半分食べることができました。カフェオレは2/3くらい飲むことができました。

カウンターの向こうでお仕事をされていた介護士のMさんが、「この頃、穏やかな良い表情をして下さいますよ。」と嬉しい言葉を伝えて下さいました。


【息子だと思えばいいのかも】

みつこさんはまだ在宅で過ごしていた頃、クリニックの待合室で隣り合わせた昔馴染みの(みつこさんは覚えていないのだけど)患者仲間さんに、「いいわね、娘さんに付き添ってもらって。」と言われて、「あぁら、この人娘じゃないですよ。私の姉です。」なんて言って、私のことを姉さんにしてしまったことがありました。

最近のよしおさんの我儘というか、訳分からず屋な行動に腹立たしくなったりすることがあるのですが、考えてみれば、認知症の父親です。いくら生物学的には親であっても、本人に親であると言う認識があっても、今も子供を保護し、育てる、本来の親であるはずがありません。

ずっと私を支配し続けてきた親ですが、この際、不肖の息子であると思ってみれば、腹が立たないばかりか、労わる気持ちも起きるのではないかと思います。

みつこさんは妹、よしおさんは息子というふうに発想を転換し、ふたりとも病気なのですから、末永く面倒を見て行こうと気持ちを新たにしています。


今日のなんくるカード
---------------------------
イッペー上等

とってもいいよ すごくいい
今のあなたは 美しい
胸を張って イッペー上等!


   *イッペー上等:Very Good!
関連記事

毎年よしおさん宛てに市民税、県民税の申告の用紙が送られてくるのですが、今年は来ないなとおもいつつ、日にちが過ぎてしまいましたが、あまりにも遅いので、心配になって市役所に電話で問い合わせてみました。

昨年はほんのちょっとの収入があったため、確定申告をしました。そのために、今年は市民税、県民税の申告用紙が送られてこなかったのだそうです。提出する必要はあるとのことで、期限は15日でした。15日は用事があるので、もう今日しかありません。それにしても、今日聞いてみて運がよかったとしか言いようがありません。

大慌てで、必要書類をそろえて、市役所へ提出してきました。これを提出して、非課税であることを証明できないと、各種の介護の補助が受けられなくなります。みつこさんの施設、よしおさんのショートなどで補助が出ています。

今はすっかり私にお任せになっておりますが、3年前の混乱時までは、よしおさん宛ての郵便物も一切触ることができませんでしたし、かと言って、よしおさん自身できちんと出来るわけでもなく、重要書類が重要と朱書きされたまま期限を過ぎても放置されていることが多々ありました。

みつこさん宛ての手紙に重要とよしおさんが書いて放置していて、それを見つけたみつこさんが、「どうして私宛ての手紙に重要なんて勝手に開封して書いているのか」と激怒したことがありました。すると、ボケてるよしおさんが、「あんたがボケとるから、私が代わりに見てやってるんだがね」と、娘の私にしたら、聞くに耐えない心無い言葉を吐いていたこともありました。

よしおさんの居ない時に机の上をちらちらと見て、何か提出し忘れているものはないか、いつも気をつけていました。介護関係の書類なども、いろいろありましたが、本人に問い合わせても、「そんなもんはほっとけばいい」とか、全くいい加減なもので、当時は頭を悩ませることには事欠きませんでした。

90にして、すっかり任せてくれるようになり、今は楽でーす。思えば、だんだん自分自身で理解できないことが増えて来た頃は、人の言うことも信用できず、信用出来ない人に任せることはできず、イライラして、苦しかったことだと思います。さぞかし、今は本人も楽でしょう。


今日のなんくるカード
---------------------------
ティーダの心

まんまる 太陽 わたしの心
ティーダ 輝く いつまでも
明るく 強く まわりを照らす。


   *ティーダ:太陽
関連記事

今日のみつこさんは、なかなか良かったもようです。
マッサージの付き添いで出かけた時には、ぐっすりお休み中で、そのままの状態でスタンバイしていました。先生がいらしてマッサージが始まっても、ずっと眠っていましたが、2/3くらい済んだところでいきなりガバッと目覚めました。そして、「行こうか?!」とはっきり言うのです。

マッサージの先生も調子に乗って、「行こう、行こう、花見に行こう」と言うと、みつこさんは「そうだね」と応じて、またまた皆で爆笑です。

足の固縮を防ぐため、足を動かしたり持ち上げたりしてもらった後、なんと自分で両足を持ち上げたのです。私と先生は目を見合わせて、「今、自分で足を持ち上げたよね」と目が点になるくらい、びっくりしました。

マッサージが終わって、ぐるっと施設内を一周した後も割合覚醒しており、おやつも完食できました。今日はクレープとお茶でした。「ご馳走様」と食器を下げれるのは、何日かぶりです。今日はお昼ご飯もにっこにこで食べたとか・・・まだまだ決して毎日がどんよりしている訳ではなさそうです。


陰になってきたのはよしおさんの方です。
お昼ご飯を用意した後に、寝ているよしおさんに声をかけると、「どこか出かけるの?」「どこへ行くの?」と質問が続くので、「みつこさんのところへ行ってくるから」と答えると、「ひとりで?」と更に続きます。「ひとりで」と答えると、「そんならいいけど、誰かおってくれんと、何かあったら困るで・・」と続きました。

何か」とは、自分の体の不具合でしょう。具合が悪くなった時に、ひとりでは困るという意味です。突如、昔へ逆戻りしています。何時の間に陰になっちゃったのかしら。
対策は?・・・・サアミオンをもう1包追加? フェルガードハーフをもう1包追加? それとも1包をフェルガード100に変えてみる?
今夜寝ながら、明日の朝までに考えてみようと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
わくわくチムドンドン

わくわく ドンドン チムドンドン
感動 ドンドン ふくらむさぁ
夢も ドンドン ひろがるさぁ


   *チムドンドン:心がドキドキすること
関連記事

今日の午後2時半頃、きれいな虹を見ました。
今日は雨から晴れて、イイお天気と思ったら、にわか雨が降ったりと、ころころとお天気が変わったのですが、虹が出たのは、にわか雨が上がって、太陽が出てきた時でした。

カメラを取りに家に入って、戻ってくると、すでに半分くらいが雲に隠れてしまいました。
100310

きっと何か良いことがあることでしょう。とっても嬉しい気分です。
名古屋方面の方はご覧になった方が多いのではないでしょうか。


【義足の不具合?】
よしおさんの義足の不具合の件で、デイサービスからお電話を頂きました。
どうも、ひざ関節の部分のロック(ひざを真っすぐにした時にはロックをかける)が上手くかからないようで、何度もやり直している。以前はそういうことがなかったので、どこかが調子が悪いのではないか、事故が起きてからではいけないので、調べてみて欲しい」ということでした。

夕食の時に、義足を外しているので、義足の膝の裏の部分をたんねんに見ていると、何と、埃まみれの靴下が膝の裏から出てきました。よしおさんは義足の上部の籠のようになっている、切断した方の足を入れる部分の先にいつも靴下を入れています。その籠の底が破れていて、一足の靴下が破れ目からひざ裏へ落ち込んでいたのです。だから義足の中には二足の靴下が入っていたことになります。

ショートで油をさしてもらったり、何度もかちゃかちゃと動かしてみたりしていたのですが、まさか靴下がからんでいたとは・・笑っちゃいますが、きっとこれで不具合は解消することでしょう。


今日のなんくるカード
---------------------------
チャンプルー

なんでも チャンと しなくても
プッと笑って ンルンう生きよう
混ぜて 混ざって 新たな始まり。


   *チャンプルー:混ぜ合わせること

関連記事

今日はマッサージの日です。
今日も眠りっぱなしの日でした。
それでも、部屋で先生を待っている間に、うっすらと目を開く事があり、そんな時には何か話したり、笑顔になったりします。

今日はろれつもよく回らないような感じで・・・何を言っているのか良くわからなかったのです。目を閉じて眠りの中だったり、目をふっと開いて、意味のわからないことを話したりしていたので、適当に相槌をうっていました。
ズボンは食事の汁ものをこぼしたようで、凍みができていました。それをウェットティッシュで拭いていると、目を開いて、じーーーっと私の目を見て、「ごめんね」って言いました。

その言葉にはみつこさんの言葉にならない、深い感情が、ぎゅっと凝縮されているように思えました。ただ単にズボンの汚れを落としているから、「ごめんね」「ありがとう」ではなくて、もっとずっと以前から、私がみつこさんにしてきたこと全てに対して、今覚えている数少ない単語の中から、「ごめんね」を絞り出してくれたのだと思いました。直感的にそう感じて、胸が熱くなったので、それが真実だと思いました。

施設へ入所した日に、言わば騙して連れてきた私と夫に、「私はわかっているからね」と怒って言ったみつこさんでした。あの日の私に「ごめんね」と言ってくれたのだとも思いました。もう私に「後ろめたく思わなくていいよ」と言ってくれたのではないだろうか。私の勝手な言い草かもしれないけれど、私はそう思って、自分の心を解き放とうと思います。

みつこさんは、もう今言わないと、言葉を完全に失ってしまって、気持ちを伝えることができなくなってしまうと感じたのではないでしょうか。と言っても、一瞬一瞬しか生きていないのですから、そう思ったり、感じたりした端からその瞬間も存在しないのかもしれません。

そう思うと、みつこさんがみつこさんでいる時間はそんなに残されていないかもしれません。少しでも目を開くうちに、少しでも言葉を話すうちに、もっと頻繁に会いに行きたいと思いました。


今日のなんくるカード
---------------------------
わらびがみ(童神)

真っすぐに 見つめる瞳は
素直がいっぱい 愛がいっぱい
わたしの心は わらびがみ


   *童神:幼子は神のような、まっさらな心を持っていること
関連記事

今日はみつこさんの認知症外来の往診日でした。
今日は、昼食も食べずに寝っぱなしの日でした。
まあ、いろんな日があるわ。でもそうやって少しづつ落ちていくのだろうなと思います。
そう言えば、今日は先生をお部屋で待っている間に、ふと目覚めて、「あんた、誰?」と言いました。もちろん、寝起きというか、寝ている合間なので、そんなはっきりした言葉ではありませんでしたが、そう聞こえました。夢の中なのか、はたまた、みつこさんの子供時代の世界なのか、そう言ったところではないでしょうか。でも、何だか嬉しかったです。

診察時には、みつこさんのガーデンアンゼリカの量を今後更に増やしていっても良いか?という話題の時に先生がおっしゃいました。

ピック病も進行してくると、パーキンソニズムが出て、動きが悪くなり、嚥下が悪くなり、寝てばかりになり、しゃべらなくなる。そういう状態の時には、すでにピック病も興奮が強い認知症ではなくなっているので、ピック病だからと言って、GAの量を頭打ちに考える必要はないということでした。

今現在200mg。NEWフェルガードを3包くらい使っていらっしゃる方もありますから、特に上限ということを考えず、すべてはみつこさんの様子で量ればよいことだと思います。



今日のなんくるカード
---------------------------
ニライカナイ

ゆかいな 神々 やってくる
幸せ持って やってくる
あなたの未来は ニライカナイ

関連記事

今日は土曜日です。午後にいつものように面会に行くと、私の他に2組のご家族が面会に来ていらっしゃって、何となく賑やかでした。

そんな中で、みつこさんはテーブルに突っ伏す形で眠っていました。でも、これは腹臥位療法の形なので、考えて下さっているのだなと嬉しくなりました。

介護士さんが今日のみつこさんの様子を教えて下さいました。
お昼ご飯は、みつこさんの好きなクリームシチューなのに全然食べれなかった。実は今日は便秘で、-3日目だった。それで気分がすぐれないのか、もうじき出るのかなっと思ったら、午後にやっぱりたくさん出ました。その後で疲れてしまったのか、お休みになりました。」と言うものでした。

よかったね。お昼は食べれなかったけど、お腹がすっきりして、気分がよくなったでしょう。

揺すってみると反応があったので、いつものように施設内散歩に出かけました。まあまあ、目を開いていてくれて、ゴリラくんも抱っこしたりしました。笑顔も見せてくれました。
mitsuko100306

ユニットに戻って、急いでおやつにしてもらい、きなこのケーキとミルクを完食しました。
一番不調だった頃より、大分上向き傾向に戻っているような気がします。
笑顔を見せてくれると、私も晴れやかな気分で帰れます。


今日のなんくるカード
---------------------------
クリエーション

クリエーションは 楽しいよ
あなたも私も アーティスト
創造力は 宇宙の力。

関連記事

【みつこさんのマッサージ】

マッサージの先生のお話では、先回(火曜日)のマッサージの時には、私は都合で行けなくて、先生にお願いしてしまいましたが、その時には、みつこさんはちゃんと起きていて、「あっそうねぇ~」とか、口癖の言葉でおしゃべりをしたそうです。

今日は、最初から最後まで目を閉じていました。多少反応はありましたから、こちらの言う事は聞こえていたかもしれませんが、目を開く気持ちは全くありませんでした。

どうしたものでしょうねぇ」とは思いますが、そんなに思い悩むこともないのではないでしょうか。時々はにこやかにおしゃべりをする時もあるのだから、そんな日に期待することにします。


【よしおさんの夜食パーティー】

よしおさんは夕食が大体午後6時ですから、寝るまでにお腹がすくのはわかりますが、夜食の食べ方が何となくピック病のみつこさんを思わせるものがあり、ちょっとぞっとします。

お茶は夏冬とも麦茶が冷やしてあります。冬は一回分づつ温めています。そのお茶にお砂糖を入れて飲む、とか、ご所望のおやつを買ってくると、そればかりを集中的に食べるとかします。今はパインの缶詰が欲しいと言われて、大缶ひとつを開けて、別容器に移しておくと、一晩か二晩でカラになります。ゼリーのお菓子などは、一袋があっという間。卵ボーロも凝っています。そろそろアイスクリームと言われるかもしれません。これも一晩に3カップとか食べてしまいます。どう考えても悪玉コレステロールが溜まりそう。

夜の見回りに行くと、ただ今夜食中ということもあるし、すでに終わって、テーブルの上にはお菓子の殻が山のように積まれ、スプーンやフォークが放り投げてあり、お茶がこぼしてあり、砂糖つぼが置いてあり、と惨状を呈しています。

みつこさんは、もっと凄かったのですが、よしおさんも、みつこさんより可愛らしいけれど、布団の回りや、猫部屋に干し柿のヘタを点々と置いていたりしています。口に入れたまま歩いているのでしょう。

デイには喜んで出かけてくれるので、そのすきに宝探し件のお掃除をすることで対処しようと思います。こんなことくらい、鬼の妄想に比べたら、可愛いもんですもの。



今日のなんくるカード
---------------------------
自分を愛する

まるごと 私 そのまんま
今の自分を 認めよう
私は私が 大好きさぁ。


関連記事

本日はみつこさんの内科の定期受診の日でした。
施設のユニットで会ってから、診察が終わってユニットに戻ってくるまで、一度も目を開けてくれませんでした。今日は比較的すいていて、時間にしたら1時間くらいなので、仕方がないですね。

出かける直前に排便介助をしてもらったところだったそうで、疲れたようです。

施設からの通院者もみつこさんの他もう1名と少なかったので、看護師さんとお話する時間がありました。最近の様子は眠気は変わらないものの、食事は何とかできていて、大体5割くらいは食べている。それにプラスエンシュアリキッドを摂っているので、栄養的には問題ない。体重減少も見られない。血液検査値からも問題ない。嚥下は保たれているので、今のところこのままの形態でいいのではないかというお話でした。薬の拒否もないので、飲めている。

GA200mgにアップしてから、日中のうとうと眠りがやや浅くなっているような感じもします。その分夜間も目覚めていて、昼夜変わりないような感じになってきてしまっている部分もありますが、泥酔したような感じは抜けているようで、ちょっぴり改善(?)も感じます。

今日の内科診察では、ずっと飲み続けている胃潰瘍治療薬、タケプロンはこれまでどおり必要でしょうか?とお尋ねすると、比較的長く飲む薬ではあるけれど、今の量は必要ないかもしれないので、30mgから15mgへと半分の量にしましょうと、減薬して頂くことができました。

去年の3月のことを思うと、ずいぶん様変わりなみつこさんですが、本人にとっては、穏やかに眠りつづけ、目覚めた時に普通食を食べ、を繰り返し、ちょっと笑ってみたり、ちょっとしゃべってみたり、入浴、トイレは介助を受けてでき、車イス生活ながら、起き上がることができ、一応一日のめりはりはついており、痛い、苦しいということもなく穏やかに過ごすことができ、幸いです。



今日のなんくるカード
---------------------------
ユイマール

結び合って 丸くなる
助け合って ニコニコと
縁と縁で 結○(マール)


   *ユイマール:助け合い
関連記事

本日は、よしおさんの現在の義足を作って頂いた義肢製作会社(A)さんへ家族だけで相談に行ってきました。

現在と同じ殻構造義足と、最新式の骨構造義足の両方のサンプルを見せて頂き、説明して頂きました。

◆殻構造義足でも、よしおさんのものは古い物なので、今は全く同じタイプのものは製造していないそうで、かなり改良されています。重さもやや軽い感じはしました。
よしおさんが現在の義足を作った当時と比べれば、背も縮み、筋肉も落ちてやせてきているはずです。今の身体に合わせなおして、改良されている点を考慮すれば、このタイプでも作り直す価値はあると思います。こちらですと、問題なく1割負担でできます。B社が薦めた方法です。

◆骨構造義足というのは、作りかた自体が異なり、金属で骨格を形作って、その上に軽い素材(スポンジ)で、足の形に見せるだけですので、かなり軽くなります。骨格となる部分に現在の最新技術が投入されているので、お値段は倍くらいになりますが、機能はぐんと広がります。

A社はこちらがお薦めでした。ただし、こちらは障害者更生相談所にて、これが必要であるという医師の診断を受けないと、補助が受けられません。よしおさんの場合それが通るかどうかは、絶対大丈夫という返事はもらえませんでしたが、今の義足では重くて歩くのが困難であること、義足を替えさえすれば、今後日常生活をスムースにこなすことが可能であることを強調すればいいのではないかというアドバイスでした。もう歩けなくなることが目に見えていたら、補助は無理だと言う事です。(使えないのなら作る必要はないということです)

よしおさんの場合には、どんなに最新式の物であっても、使い勝手が大幅に変わっては使えないだろうという懸念があります。その点は、操作方法としては今と同じ状態にすることができるそうです。
そして、軽くする以外の素晴らしい機能などは必要ないならば、取ってしまって、シンプルな物にすれば、それだけ安くもなり、補助も通り安くなるそうです。

向学の為に、その素晴らしい機能というのを見せて頂きました。

・まずひとつは、吸着式と言って、義足を素肌に密着させて、全く自分の身体の一部にする方法。
取り外せる自分の身体というわけです。
・それから、膝関節部分がコンピューター制御になっているもの。人の身体の動きを記憶していて、自然な歩行、走行ができます。
・歩く時に自然に膝が少し曲がる。義足という感じではなく自然な感じに歩けますが、よしおさんには転倒の危険があるかもしれないので、これも外してもらいました。
・あぐらをかける。足が内側に曲げられる機能。これも使わないので、外してもらいました。

などの機能があり、技術の進歩に目を見張りました。


これだけの説明を受けて、もう迷うことなく、A社で注文することにしました。相談所まで出向かなくてはならないことや、合わせに一度は工場まで本人がくる必要があることも、無理ならば、まあまあ近くの病院へ出向くことでも対応してもらえるということでした。そういうことは、今のよしおさんならば、何とかクリアできそうですので、何とかやってみようと思いました。

・今後は、A社から見積もりが送られてきますので、それを市役所に提出します。
・市役所から、更生相談所に出向く日の連絡があるので、その日に相談所へ行きます。A社からも人がきます。
・相談所では、その場で認可が下りるかどうかがわかるそうなので、許可がでれば、そのままA社の名古屋店で、型どりをします。許可が下りなかった場合には、自費で作るか、或いは殻構造義足にするか、その時点で考えます。

そんな手順で、いよいよ動きだすことになりました。家に帰ってよしおさんにも打診しましたが、上々の反応でした。
-------------------------------------
<追記>
3月3日、早速見積り書が送られて参りました。
市役所に届け出る前に電話で問い合わせてみますと、
この、4月から法律改正により、収入に応じて、自己負担額がゼロになるとのことです。
よしおさんは、みつこさんとふたりの非課税所得世帯なので、負担額はゼロです。

今ですと、1割負担になります。金額が大きいので、1割と言っても何万かになります。
そこで、急ぐわけでもないので、4月まで提出を待つことに致しました。
1ヵ月遅れのスタートに致しました。



今日のなんくるカード
---------------------------
めんそーれ

心を込めて めんそーれ
いつも笑顔で めんそーれ
ようこそ地球へ めんそーれ。


   *めんそーれ:いらっしゃい

関連記事

昨日のことです。
みつこさんは、うとうととしていましたが、眠りは浅い感じで、頻繁に目を開きました。
私の顔を見ると、「あら、いつ来たの?」(と言ったような気がしました)と大げさにびっくりしてくれたり、眠ったり、時々笑ったり、また眠ったりと忙しく移り変わっていました。

おやつまでの時間にぐるっと施設内散歩に出ました。
車イスを押しているだけだと、後ろから話かけても、聞こえないのか、誰が話しているのかわからないのか、すぐに眠ってしまいます。

時々、最寄りの場所で、車イスを留め、横に回って目線を同じにして話かけます。

お雛さまの好きなみつこさんに、お雛様の前で話しかけたり、
お雛様

チンパンジーとゴリラの縫いぐるみが好きなみつこさんに抱っこさせたりします。
しっかりと抱きしめて、チュッとします。
抱擁

陽だまりの所で、ちょこっと日向ぼっこをして、ユニットに戻りました。

今日のおやつはカステラと紅茶。
30分以上かかって、カステラ1切れと紅茶を飲みほしました。

今、ユニットは食介の必要な人ばかりで、みつこさんより大変な人ばかりです。
みつこさんは、介助なしのグループに入っています。ま、食べたければ、目が覚めた時に自力で食べるので、それでよしとしましょう。



今日のなんくるカード
---------------------------
力はへそから

力はへそから おなかから
太鼓腹を ドンドコドン!
丹田(たんでん)鍛えて 何でもござれ。

関連記事
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking