2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

月曜日のデイの連絡帳に「デイにつくとすぐに胸がドキドキするとおっしゃったので、そのまま休んで頂き、お風呂はやめました。しばらく休むと落ち着かれましたが、午後からは鼻水が出ていました。」と書かれていました。帰って来た時も鼻水が足れていました。

夕食後まで待たずにすぐにPL顆粒を飲んでもらって休んでもらったのですが・・・・食欲旺盛で熱はないようですが、鼻水は一向に止まらず、今日も引き続き薬を飲ませていますが、咳も酷くなり、このまま治まりそうになくなってきました。

咳はもともとアレルギーっぽいので、喘息ぽくなってきました。明日はデイを休んで内科受診する予定でいます。インフルエンザの予防接種は早めに済ませていて幸いです。

今日はケアマネさんの定期訪問日でもあり、年末年始のデイが休みの間の自宅での入浴介助などお願いしました。家での入浴・・・広い家に一人暮らしなので、どうしても深々と冷えます。風邪をひかないようにできるでしょうか。

今の状態で施設入所は考えていないけれど、少しづつ在宅が危うくなってきているのは事実なので、対策として、ショートの間隔を詰めていこうと思います。現在月1回、3泊4日なのですが、これを3週に1度にしていこうと思います。2月までは予定が決めてあるので、それ以降ということになりますが。

予定は未定で、みつこさんの時のように、長いスパンで何かを考えていると、足元からがらがらと崩れていくこともあります。変化があれば急遽対応できる心の余裕を持っていた方がいいかもしれませんが・・・。何かそれも寂しいですね。


今日のなんくるカード
---------------------------
わらびがみ(童神)

真っすぐに 見つめる瞳は
素直がいっぱい 愛がいっぱい
わたしの心は わらびがみ


   *童神:幼子は神のような、まっさらな心を持っていること
スポンサーサイト

よしおさんは水木は2日続きのデイですが、今週の水木は2日とも外へ出る行楽でした。出先から直送されてくるのですが、午前にお風呂に入り、昼食後すぐに外へ出る行楽はかなりよしおさんにとってはハードだと思うのですが、今回嫌がらず2日とも参加したようです。

1日目は市内にある小さいお城で、お抹茶とお菓子を頂き、2日目の昨日は、ちょっとだけ遠出をしてもみじ狩りだったようです。外は風が冷たいので、もこもこブルゾンを着せて正解でした。

と、2日は無事お出かけをしてきたよしおさんですが、今日は朝から「床屋へ連れていってもらえないか」と言われていたので、早速急でしたが、行きつけの床屋さんに予約電話をしてみました。何しろ、よしおさんが自由に動ける日は火、金、日ですが、混み合う日曜日と床屋さんの休日の火曜日を除くと金曜日しかありませんから、今日ダメだと1週間先になります。

運よく午後2時半なら空きがあるということで予約ができました。お昼ご飯の時にそのことを言うと、何と、変な顔をして、「胸がどかんとしたから、怖いで、うちで2~3日寝とりたい。」と言い出しました。

実のところ、ここのところカレンダーに1日おきくらいに、「胸がどかんとした」とか、「歯がどかんと痛かった」とか書いてあるのです。実際はどういう状態を言っているのかは不明です。私が脅して以来、電気毛布も切っていますので、胸が熱くなり過ぎてそうなるということではなさそうです。もしかするとみつこさんの死から自分の死を連想しているのかな、それがストレスになっているのかなという気もします。

一抹の不安はありますが、私が不安がれば本人はそのまま死にそうになってしまうことでしょう。「大丈夫だから」、「今何ともなければ大丈夫だから~」となだめて、床屋へは出かけて行きました。

少しづつ衰えや不調が目立ってきたよしおさんですが、どこまで在宅でやれるのかな? これまでもデイに楽しく行ける間は在宅で援助すると決めていたけれど、ある日突然行けないようなことがおきることもあれば、じわじわと行けない日が増えてくる可能性もありで、線引きは難しそうです。

よしおさんの心の底に流れているのは、死への恐怖だと思うけれど、認知症だと死への恐怖が薄れる点が良い点とか言われるけれど、それってどうだろうか? 重い認知症でほとんど言葉を話せなかったみつこさんですら、「怖い」と表現していました。よしおさんはそこまで認知症がひどくはないけれど、それでも認知症で、意識としてはとても曖昧模糊です。それでも、ちょっとした体の不調を「死ぬようで怖い」と表現して、自分の死への恐怖心を語っています。認知症であるだけに、余計に本能的な恐怖心がもろに出ているようにも感じるのです。

やっぱり、認知症であって良いことなんて何もないと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
チャンス

チェンジは チャンス
今がちょうど その時だ
勇気をもって レッツラゴー!

よしおさんが、日記がわりに毎日記録しているのが、予定表のカレンダーです。
ここのところ記録してあるのは、毎度の食事と自分の体調です。歯が痛かったとか、胸がどかんとしたとか、私が電気毛布を強にすると危ないと言ったとか、etcです。

そこにこんなことが書いてありました。
自分が死ぬ夢を見た。これは正夢である。
正夢であるというのは、もうじき自分が死ぬと信じているということでしょうか。たとえ100歳まで生きても、ひと桁しかないわけですから、それももうじきの範疇に入るのではないでしょうか。死を身近に感じて、悟りを開いた境地に達せられるかどうかは人により様々なのでしょう。まだまだ悟りの境地には達していない、よしおさんから見て若輩ものの私には、よしおさんの気持ちは推し量りかねます。

よしおさんは、よる年並みか、死をとても意識しています。
母親が何歳で、父親が何歳で、弟たちが何歳で、みつこさんが何歳で没したかがカレンダーの下の方に書いてあります。そしてお念仏も書いてあります。みつこさんの遺影に手を合わせて、念仏を唱える時も、明らかに自分の為のお念仏という感じがします。

みつこさんの死をきっかけに、自分の死をとても身近に感じているのか、或いは恐怖を感じているのかその両方なのか、私はやっぱり、超高齢者のその気持ちを共感しようとする優しさを持たないといけないのだろうなあと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
ごほうび

自分に 必ず ごほうびを
やる気が どんどん わいてくる
嬉しい ごほうび 用意しよう。

この頃、よしおさんの身体的衰えを感じます。
いくら元気と言っても、やはり90歳を超えていますから、じわじわと衰えてきていることは事実です。そう感じる理由のひとつに身支度に時間がかかるようになったことが上げられます。

デイへ出かけるのに以前は45分前に起こすと、十二分に時間があり、着替えて準備OKの状態でしばらく待っていてもらったものですが、最近は全然時間が足りません。洗面、着替え、トイレ、食事、ひとつひとつの動作に前以上に時間がかかるようになりました。やがて、ひとつづつの動作が不能になる日もくるかもしれません。今はまだ待ってよ~っと言いたいです。

寒がりなので、11月に入る前から、電気毛布を使用しています。何でもそうなのですが、かーーーっとやるだけやって、ぱたっと止めるというのがよしお方式なのですが、電気毛布もそうで、最高温でかーーーっと温めて、熱くなってしまってから切るという方式です。今のこの季節で中部地区で、電気毛布を最高温にするというのは、どう考えても体に悪いです。

今朝、トイレから戻ってくると、何やら深刻な顔をしています。痔でも再発したのかと思いきや、「今日、デイを止めていかんかしら?」っと言います。
どうしたの?」っと、半ば痔かな?っと思いつつ聞いてみると、
夕べ、胸がどかんとしたから、今日は寝とりたい。」というお答えでした。
電気毛布を強にしていたら、心臓がドキドキしてきてもしょうがないよ。」っと答えると、
そうかね。」っとあっさり引いてくれました。引いたというより、心臓発作じゃないと思って安心したのかもしれません。デイへは出かけてくれました。

今年の初め頃にも、同じことを言っていました。進歩がないですけど、まあこんなもんかもしれません。よしおさんも少しづつ、電気毛布の強過ぎるのは体に良くないとは分かりかけていますから、多少は進歩しているとも言えそうです。


今日のなんくるカード
---------------------------
ゆんたく

おしゃべりしましょ 語りましょ
ゆんたく ユイユイ ゆかいだな
心も軽く 大きな和(オキナワ)。


   *ゆんたく:おしゃべり

もうこの3年間、みつこさんとは離れて暮らしていたよしおさんですから、みつこさんの死にはワンクッションあり、強烈なショックは起きないように思われ、ほっとしています。普通に食事を摂り、デイに週4回出かけ、家に居る日はひがな1日眠り、同じ物を食べ続けています。

同じ物を食べ続けるというのは、以前からありましたが、最近また一段と激化しています。たとえば、今は「瓶詰めのうに」です。小さめの瓶ですが、ほぼ1日1瓶開いてしまいます。いいのでしょうか。

それから、柿です。果物ですから、あまり問題はないでしょうけれど、小さな柿を2,3個皮をむいておくと、あっという間にからっぽです。そして甘いもの・・・甘いものが欲しくなると、お茶にお砂糖を入れて飲んでいます。

体調の変化としては・・・咳が出てきました。昨年もしつこい咳に悩まされていましたが、どうやら寒くなってきたのと同時なので、冷たい空気を吸い込むと出るアレルギー的なものだと思います。

それから湿疹、みつこさんのことに一生懸命になっている間、よしおさんを放置していたので、すっかり乾燥から来る皮膚の痒みを掻き毟ってしまいました。掻き毟るのと薬をつけるのとおっかけっこで、こうなると「掻く→悪化する→痒い→さらに掻く」の悪循環で、断ち切るのが難しくなってきました。

寒くなると、電気毛布設定 high が始まりました。「そんなことしてると心臓に悪い」と脅しましたら、忘れないように、そうカレンダーに書きこんでありました。何しろ、まだ11月の初めなのに、アンダーシャツ+メリヤスシャツ+ネルのパジャマ+電気毛布(高温)+羽毛布団って、これはあんまりだと思う。ほんとの冬にはどうするの?

とまあ、こんな生活をしています。何だか欲も枯れて、寂しい生活ですが、自分の身のことを自分でできていることは、何にも代えがたい幸せだと思います。


今日のなんくるカード
---------------------------
夢はかなう

あきらめないで 思ってみよう
夢は かなう 必ずかなう
宇宙が あなたの 応援団。

↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking