2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は今日からよしおさんの家の屋根かわらのしっくいの塗り直し工事をしています。ショートに行っている間中には終わらないので、帰ってくる時点では本人に話さなくてはなりませんが、今は言ってありません。

どうしたものかと思いましたが、相談すれば工事は拒否したことでしょう。何もしたくないし、自分で適切な判断することも難しいからです。そうなれば、私が判断をして、良かれと思う方向で決定し、よしおさんを説得するというのがあるべき姿だと考えました。

1年前の私は、まだ、よしおさんが怖くて、自分のことですら自分で決定することを恐れていました。歯の矯正治療を始めて1年になりますが、これを決心することは私にとってはとても大変なことでした。何故なら、相談すればよしおさんが反対するだろうから。90歳の父親が60歳の娘の歯科矯正に反対するからと言って決心できないとしたら、60歳の娘の方が超異常だと、やっと気づき道を開きました。

やってみれば、よしおさんは私が歯科矯正をしていることすら気づいていません。これはもしかすると入院手術ということが考えられたので、余計躊躇したという理由もあるのですが、それにしても私の態度こそ変だったと今は思えます。

さて、屋根の修理は、今日明日で、何と説明するかを熟考しようと思っています。もしも突かれるとすれば、何故、よしおさんが留守の時に工事を始めたかという点だと思うので、そのあたりの説明を考える必要があります。

・頭の上の工事なので、家に居る時だとうるさい。
・雨漏りを防ぎ家を守るためにはどうしても必要な工事である。
・工事が立て込んでいて、いつ始まるかはわからなかった。

とでも説明しようかな。


今日のなんくるカード
---------------------------
クリエーション

クリエーションは 楽しいよ
あなたも私も アーティスト
創造力は 宇宙の力

スポンサーサイト

昨日ヘルパーステーションから電話があり、急きょ大掃除の1回目を今日ではどうかということになりましたので、お願いしました。

掃除道具はこちらで用意するということなので、換気扇用強力洗剤、重曹、使い捨てようボロ布、古歯ブラシ、脚立、掃除機、ほうき、はたき、ほこり取りワイパーなどを用意しました。

介護の生活援助と全く同じで、1時間半が1単位、値段も生活援助の実費ということです。今日来て下さったのはセンター長(男性)といつものヘルパーさんです。今日はまず、差し迫っている台所からお願いしました。

少なくともみつこさんに異変が感じられた2000年からは大掃除らしきことはほぼできていません。
べとべとの換気扇まわり、台所の壁の油汚れ、台所の蛍光灯を掃除してもらい、汚れの散った床を掃除してもらって、あっという間に1時間半が過ぎました。その間に私は別の部屋から、カーテンの洗濯を始めました。

パッと見には、あまり違いは感じられないのですが、良く見ると、空気がきれいになったような気さえします。後お願いしてあるところはよしおさんの居室と廊下の壁まわりです。
後、2~3回は必要なのではないでしょうか。

それにしても・・・ヘルパーさんはよく働きます。週2日の休み以外はデスクワークも含めて朝から夕方までびっしり仕事ということです。1時間半の大掃除を中にはさんで1日中働けるものでしょうか。そんなことを言っている私が滅茶苦茶甘ったれているのでしょうか。

1時間半の大掃除は、身体介助に替えれば入浴介助3件ぶっ続けと言うことになります。その後にも前にも食事の支度、掃除など家事援助、身体介助などがぎっしりなんて、考えられないよ。

大掃除を、家の内情をよくわかってもらっているヘルパーステーションにお願いしたことは、大正解だったと思っています。次回はよしおさんショートの中日に朝一番の9時からの予定です。

↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。