2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の記事「介護だけが大切という方へ」で、みつこさんとよしおさんの主治医、長久手南クリニックの岩田先生について触れさせて頂きましたが、先生からコメントを頂いていますので、新ためてご紹介させて頂きます。

こちらは、愛知県名古屋市近郊で共和病院とも比較的近い河野先生のお膝元でもあります。
ですが、コウノメソッド推奨医の先生がそんなに多いわけではありません。(最近は増えつつあるようで嬉しいです)その中で、岩田先生はコウノメソッド推奨医第一号に認定され、河野先生と同じように、患者のため、患者の家族のためを第一義に考えて診察に当たって下さっています。

河野先生のところは全国から患者さんが集まり、現在1ヶ月以上待ちなのではないでしょうか。
岩田先生は、ほぼ1週間の待ちで診察頂けるそうです。更に、午後は往診をして下さるので、範囲は限られますが、通院の不可能な患者さんにはとてもありがたい存在です。しかも、認知症だけではなく他の病気も同時にトータルに診て頂けますので、救世主のような存在です。

また、先生のクリニックでは、ケアマネさん、施設担当者さんなど、地域の方々を対象に河野先生と岩田先生で交替で月1回の認知症勉強会を開いて下さっています。
私もまだ1回ですが、参加させて頂きました。

家族が認知症かな?と思った時、はじめに受診する病院選びはとても大切です。
みつこさんのようにならない為にも。

みつこさんは、かかりつけの内科の先生に最初に相談しました。すると、お医者さまというのは患者を抱え込むご趣味をお持ちなようで、「アルツハイマーかもしれないよ。これ、飲んでみようか。」と、いとも安易にアリセプト5mg(3mg)とドグマチールを渡されました。
うつうつとして、ちっともよくならない、、、ドグマチールを続けるうちに、パーキンソニズムが出現してしまいます。涎は垂れるし、歩けないし・・・。
でも、かかりつけ医の先生はそれがドグマチールの副作用だとはおわかりにならない。
しょうがないからと大学病院の精神科へ紹介状を持たされます。
そこからみつこさんの悲劇は始まりました。


長くなってしまいました。↓岩田先生から頂いたコメントです。
------------------------
【認知症外来へどうぞ】

パンドラさんの往診の頃は、開院前で問診だけで診断して治療を開始しました。的確な治療を行えたのも、コウノメソッドと認知症ハンドブック三部作(河野和彦著)のおかげだと思っています。

H19/11 からは長久手南クリニックを開院して頭部CTも撮れるようになりました。往診希望の患者さんも初回のみは認知症外来を受診していただき、その後の往診については往診スケジュールで可能な範囲であれば行かせていただきます。

最近は認知症外来の新患予約(0561-64-5667)も1週間待ちにまで改善しています。認知症で困っている方とその御家族には、なるべく早く受診していただきたいと思います。

認知症は的確な治療により改善する病気です。

ドクターイワタ | URL | 2008年09月23日(Tue)04:39 [EDIT

元記事: 「介護だけが大切という方へ」コメント欄 2008/9/22
----------------------------

詳しくは 長久手南クリニック をご覧下さい。

スポンサーサイト
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。