2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

先日、大学時代の友人とランチしていて
話が介護に及びました。
彼女は、今年の春にお義父さまを
介護されて、見送られたところです。

ずっと自宅介護だったけれど
あるところで、様態が悪くなり
バタバタと、救急搬送することになり
そうすると、思わぬ病院へ行くことになり
そこで、亡くなった。
ちょっと、理想としていたのと違っていたけど
それでいいんだよね、と彼女は言いました。

後から、後から
もっと、あの時、ああすればよかった
こうすればよかったのかなとか
いろいろ思うけれど
でも、きっと、
起きたことが、そうなるべくしてなったことで
それで、いいんだよね。

どういう形をとったとしても
結局は、なるようになるんだよね。

と、そんなような話になりました。

私も、今はそう思っています。
両親を亡くして6年経った私が
最近やっとそういう気持ちになることができました。

私が介護してきた人(親)の理想の最期
みたいなものを作り上げて
理想通りにならないなんて
許せない
と、自分を責め
医療従事者に当たり
介護従事者に当たり
と、まあ、わがまま放題の
主たる介護者だったなあ~~私。

と、ちょっと恥ずかしい。
私は頑張ったし
医療の人も、介護の人も
みんな真摯に向き合って下さった。

それで、十二分。
私も含め、皆さん、ありがとうございました、

彼女と話していて、やっと、そんな気持ちになれました。


関連記事
スポンサーサイト

夫が旅行に出かけるというので
地下鉄の駅まで送った帰り
駅前の小さなスーパーに寄りました。

みつこさんが認知症になってからも
まだ、意思疎通もでき、
介助なしで歩行できた頃
通院の帰りなどに、一緒によく立ち寄ったお店です。

ひとりで買い物をしながら
そこにみつこさんがいるような、そんな気配を感じました。

しっかりもので、いつも気の張りつめていたみつこさんも
病気になってからは
誰よりも、私を頼りにしてくれるようになりました。
(と、私は自負しています)

「私の姉です」なんて、人に紹介されたこともあったっけ。

可愛いみっちゃんに戻っていた継母が
一瞬フラッシュバックしてきて
熱い球みたいなものが、私の胸に湧き上がりました。

みっちゃんが逝ってから、間もなく7年です。
関連記事


中日新聞に ラストワード 人は生きた という投稿ページがあります。
故人の「言葉」を通じて人生を紹介し、追悼する紙面です。

平成29年6月19日紙面で、よしおさんの記事が掲載されましたので
更新します。読んで頂ければ嬉しいです。(画像をクリックして拡大してください)

170619a_20170619095638aa4.jpg
平成29年6月19日中日新聞朝刊


みつこさんの記事はこちらです。↓
2011年1月29日 みつこさん ラストワード

関連記事

平成29年6月19日(月)
中日新聞朝刊 「ラストワード」の欄に
よしおさんの記事が掲載されることになりました。

中日新聞をご覧になる機会のある方
気にかけて頂ければ嬉しいです。
記事は、当日ここに、更新させて頂きますm(__)m




関連記事

4月20日は よしおさんの祥月命日でしたので、
名古屋市にある(納骨してある)東本願寺別院へ行ってきました。
お墓ではないのですが、お墓詣りのようなものです。
7回忌は、みつこさんと合同で、昨年秋に済ませました。
よしおさんの遺言になった、「猫たちのこと頼むね」を
ちゃんと、実行していますよ、と報告してきました。

桜の季節を過ぎ、八重桜が咲いていました。
こういう季節に逝くって、なんだかよしおさんらしいような気がしました。

関連記事
↓メールはこちらへお願いします  (*を@にかえて下さい)
pandora*r4.dion.ne.jp

↓管理人の別サイトです
HP「ふたりの介護」および
HP「シェリーとともに」は
終了しました
長い間有難うございました。

Bl「友わんこ&3にゃんこ&パンドラの徒然」

パンドラ

Author:パンドラ
2009.10 笑顔のみつこさん
このブログは、ピック病のみつこさん(継母)が特養に入所した'07年10月から始めました。レビーmixのよしおさんは'07年11月から認知症の治療を始めることが可能となり、医療を通じて、ふたりをみることができるようになりました。ふたりの改善の記録とその後の看病、看取り、3回忌法要までを綴りました。

(NEW)2000~2007に、みつこさんが適切な診断と治療を受けていないことに、私は何故気付けなかったのかを考えてみたい、そのことが今困っていらっしゃる方の助けとなることを願って、ブログを再開します。
(2015年2月)

↓セミナー情報はこちらをご覧ください。

「セミナー情報」

↓以前のセミナーでの報告原稿はこちらをご覧下さい。

「両親の改善報告」
「患者家族としての気持ちの変化」
2009.5~6 報告

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking